Apple、新型iPod touchを開発中か 次期iPhoneにはUSB-Cポートが搭載されない可能性も

ipod touch

Appleの人気音楽プレーヤー 「iPod touch」 に、実に4年ぶりとなる新型モデルが登場する可能性が出てきた。

Macお宝鑑定団Blog[羅針盤]がCES 2019に参加していた複数のサプライヤーから入手した情報によると、Appleは新型iPod touch (第7世代) を開発中であるとのことだ。

新型iPod touchが開発中か

現行モデルの 「iPod touch (第6世代)」 は、2015年に発売されたモデル。プロセッサにはA8チップが搭載され、1GBのメモリーにより快適な動作を実現した。ストレージ容量は32GBと128GBの2種類が用意されている。

21,800円と安価で購入することができ、iPhoneに比べると圧倒的に価格が安いことから、単に音楽プレーヤーとして使う分にはかなり優秀だ。

この後継モデルが登場するとなると、最新のプロセッサを搭載し、より処理能力が向上することが予想される。搭載されるプロセッサによっては、3Dゲームも難なく遊べるようになるかもしれない。

次期iPhoneは引き続きLightningを搭載?

また、Macお宝鑑定団Blog[羅針盤]によると、CES 2019では次期iPhoneのUSB-Cコネクタに関する情報も得ることができたという。

最新の11インチ・12.9インチiPad ProがUSB-Cコネクタを採用したことから、次期iPhoneもUSB-Cコネクタを採用するとの噂が上がっているが、これについてサプライヤーは採用の可能性は出ているがリファレンス段階まで達していないと発言。現段階ではどうなるかがはっきりしておらず、もしかすると次期iPhoneには引き続きLightningコネクタが搭載される可能性もあるとのことだ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。