ソフトバンク、2年契約の更新期間を3か月に延長 NTTドコモに続く形

1月17日、ソフトバンク株式会社および株式会社ウィルコム沖縄は、2年契約などの自動更新がある料金プランにおいて、2019年3月1日から契約期間満了月も更新期間とすることを発表した。

これによって、(2年契約の場合)契約解除料がかからない更新期間が2カ月間から3カ月間になる。例えば、2017年1月に2年間の定期契約をしたユーザーは、2019年1月から2019年3月末日まで解約金がかからない。

また、自動更新がない2年契約などの料金プランについても、契約期間満了月の契約解除料が不要になるという。

対象となる主な料金プランは以下の通り。

ソフトバンク
通話基本プラン、通話定額基本料、通話定額ライト基本料、ホワイトプランなど

ワイモバイル
スマホプランS/M/L、ケータイプランSSなど

これらの適用は2019年3月1日から。2019年3月以降に契約期間満了月を迎えるユーザーが対象だ。

契約期間満了日 ①3月1日以降のMy SoftBankなどの更新期間表示 ②実際の更新期間
(契約解除料不要)
2019年2月1日~2月28日 2月1日~4月30日 3月1日~4月30日
2019年2月11日~3月10日 2月11日~5月10日 3月1日~5月10日
2019年2月21日~3月20日 2月21日~5月20日 3月1日~5月20日

ちなみに、契約期間満了日が下記のユーザーに関しては、2019年3月1日以降、My SoftBankなどでの更新期間の表示が異なる場合があるとアナウンスされている。表示は①の通り表示されるが、実際の更新期間は②の通りとなるとのこと。注意していただきたい。

定期契約の更新期間延長に関しては、1月16日にNTTドコモが先行して導入を発表していた。今回のソフトバンクはNTTドコモの発表に続く形となっており、対抗したものと予想される。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。