正式版 「iOS 12.1.4」 が配信開始 FaceTimeの盗聴バグが修正

2月6日、Appleは一般ユーザー向けに正式版 「iOS 12.1.4」 をリリースした。iPhone、iPad、iPod touchユーザーは同バージョンへのアップデートが可能だ。

「iOS 12.1.4」 は、前バージョン(iOS 12.1.3)で発見されたFaceTime通話の盗聴バグが修正されているとのこと。同バージョンをインストールすることで、同問題を解消できるものとみられる。

関連記事:FaceTimeの音声が聞こえてしまう不具合、Appleが今週末にリリース予定のソフトウェアアップデートで修正へ

この問題はFaceTime発信中に、グループ通話の相手に自分(発信者)を追加することで、相手 (受話側) の声が聞こえるようになってしまうというプライバシーに関わる危険な不具合。ソーシャルメディアを中心に話題となり、Appleは同不具合に対する対応や修正が求められていた。

先月29日の段階では、先週中に同問題を修正したバージョンが緊急リリースされる予定であると報じられていたが、その後にAppleはリリースの延期を発表していた。


「iOS 12」 がインストールできる端末は以下の通り。「iOS 11」 をインストールできる端末であれば、全端末が利用することが可能だ。

インストール可能端末
iPhone iPad iPod touch 

iPhone XS / XS Max
iPhone XR
iPhone X
iPhone 8 / 8 Plus
iPhone 7 / 7 Plus
iPhone 6s / 6s Plus
iPhone 6 / 6 Plus
iPhone SE
iPhone 5s

12.9インチ iPad Pro(第1世代)
12.9インチ iPad Pro(第2世代)
12.9インチ iPad Pro(第3世代)
11インチ iPad Pro
10.5インチ iPad Pro
9.7インチ iPad Pro
iPad Air / Air 2
iPad(第6世代)
iPad(第5世代)
iPad mini 4 / 3 / 2

iPod touch(第6世代)

アップデートは「設定」アプリの[一般]>[ソフトウェア・アップデート]から。もしくはMacやPCと接続し、iTunes経由でアップデートすることも可能だ。

▶︎ Apple公式サイトで各種「iPad」製品をチェック
 ・iPad Pro (11インチ / 12.9インチ)
 ・iPad Pro (10.5インチ)
 ・iPad (9.7インチ)
 ・iPad mini 4
▶︎ Apple公式サイトで「iPadアクセサリ」をチェック
 ・Apple Pencil (第2世代) / Apple Pencil (第1世代)
 ・ケース&プロテクター / イヤホン / その他
▶︎ 「iPad」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。