「macOS Mojave 10.14.4 Public beta 2」 が配信開始

2月6日、Appleは 「macOS Mojave 10.14.4 Public beta 2」 の配信をApple Beta Software Programメンバー向けに開始した。同プログラムに参加しているユーザーはインストールすることが可能だ。

同パブリックベータ版での新機能や変更点は現時点では明らかになっていないが、5日に公開された 「macOS Mojave 10.14.4 beta 2」 と同じくバグ修正などかなり小規模な変更になっている可能性が高い。

ちなみに 「macOS Mojave 10.14.4」 では、カナダのユーザー向けにApple Newsのサポートが開始されたほか、ダークモードを有効にしてSafariでウェブサイトを開くと、そのサイトがダークテーマをサポートしている場合は自動でダークテーマが適用されるなどの変更が行われている。

「macOS Mojave 10.14.4 Public beta 2」 は、Apple Beta Software Programに参加することでダウンロード可能。今回から初めてパブリックベータ版を使ってみたい方は以下の記事から手順を確認していただければと思う。

▶︎ Apple公式サイトで各種「iMac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
 ・iMac Pro
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
 ・MacBook
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。