Google HomeにApple Musicがやってくる 設定画面に項目が出現

いまやSonos OneやAmazon Echoといったサードパーティ製スマートスピーカーやAndroidスマートフォンでも聴けるようになったAppleの音楽配信サービス 「Apple Music」 。次なる目標は 「Google Homeでも音楽が聴けるようになること」 らしい。

米メディアMacRumorsが読者からの報告として、Googleのスマートスピーカー 「Google Home」 の設定アプリに 「Apple Music」 の項目が出現したと伝えている。現時点では同項目をタップしてもApple Musicを利用できないようだが、近いうちに正式に利用できるようになる可能性が高い。

ただし、このApple Musicの設定項目が登場したのは米国内のみ(追記:のちにイギリスなど米国以外でも発見された)のようで、当初は米国内のみのローンチとなる可能性があり、日本は含まれないかもしれない。

冒頭でも触れた通りApple Musicはすでに一部のサードパーティ製スマートスピーカーやスマートフォンで利用可能になっているものの、日本のAmazon Echoに関してはまだApple Musicに対応できていない状況となっている。

AmazonやGoogleにとってAppe Musicは自社のサービスではない上に、これらの会社も独自の音楽配信サービスを持っていることから、もしGoogle Homeが米国でApple Musicをサポートしたとしても、それ以外の地域に拡大することになるのはもう少し先の話となるのかもしれない。

追記 (2019.02.27 9:20):Apple Musicが表示されたのは単なる不具合である可能性があることが海外メディアによる取材でわかった。GoogleアシスタントをAndroid端末で利用するユーザー向けの機能が誤ってGoogle Homeの設定にも表示されてしまった可能性があり、Googleのスポークスマンは 「現時点でGoogle Homeについて発表できるものはない」 とコメントしている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。