iMac Proに256GBのメモリCTOオプションが登場 価格はなんと57万円

最新iMacが発表された傍で、ひっそりとiMac Proにもマイナーアップデートが加えられた。と言っても新しいCTOオプションが追加されただけではあるのだが、しかしそのCTOオプションはかなり”凶暴”だ。

追加されたのは新しいメモリ容量とグラフィックス。新たに256GBのメモリ容量と、Radeon Pro Vega 64X (16GB HBM2メモリ搭載) というグラフィックオプションが追加されている。

256GBのメモリCTOオプションの価格は、572,000円(税別)。さらに、Radeon Pro Vega 64X (16GB HBM2メモリ搭載) は77,000円が必要になる。これらの新CTOオプションを追加した時、iMac Proの価格は1,794,600円(税別)だ。さらに、VESAマウントアダプタキットやFinal Cut Pro Xなどのプリインストールソフトウェアを追加すると1,856,659円(税別)。税込にすると2,005,192円となる。

これほど高性能なマシーンが必要になる環境はなかなか想像ができないが、もし必要と感じている方がいたら購入してみてはどうだろうか。

関連記事iMacに新型モデル登場。初の6コアプロセッサが搭載、最上位モデルには8コアの第9世代Intelプロセッサが内蔵
関連記事【比較】新型iMac (2019) は前モデルから何が進化した?スペックを比較

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。