Apple、独自クレジットカード 「Apple Card」 正式発表

3月26日、Appleはかねてから噂されてきた独自のクレジットカードを発行することを発表した。クレジットカードの名称は 「Apple Card」 。

「Apple Card」 はウェブ上で使用できるのはもちろん、世界中の実店舗でも利用できるようになっている。iPhoneから数分で申し込み・発行が可能で、すぐに利用開始できるのが強みだ。さらにiPhoneのWalletアプリから利用額や利用した日付などを確認することが可能だ。

キャッシュバックサービス 「DAILY CASH」 が用意されており、日々の買い物で2%がキャッシュバックされる予定。さらにApple製品を購入した時など、Appleのサービスに関連した支払いは3%のキャッシュバックを受けられる仕組みだという。これらのキャッシュバックの上限は用意されていない。

イシュアはゴールドマンサックスが行い、国際ブランドはマスターカードとなる。ちなみに、プライバシーにも配慮されているのが同クレジットカードの特徴。どの店舗で決済したか、どんな商品を購入したかなどの支払い記録はサーバーなどで記録せず、ユーザーの所有するデバイスのみに保存されるという。セキュリティコードも毎回自動生成されるため、クレジットカードの悪用を防ぐことも可能だ。

基本はApple Payが利用できる店舗で使用することになるが、Apple Payが利用できない店舗などを想定し、物理的なチタン製クレジットカードも用意している。同カードの還元率は1% 。デザインは有効期限やカード番号、セキュリティコードなどが記載されていない、Appleらしくとてもシンプルなものになっている。

提供開始は2019年夏。当初は米国のみで提供が開始される予定。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。