定額制ゲームサービス 「Apple Arcade」 が正式発表 100以上のゲームアプリが遊び放題に、2019年秋登場予定

3月26日、Appleは定額制ゲームサービス 「Apple Arcade」 を発表した。

同サービスは、App Storeにある有料ゲームの一部が月額料金を支払うことで遊び放題になるというサービス。すでに定額制ゲームサービスは一部のゲーム企業で提供が開始されていたが、モバイルで提供されるのは初めてとなる。

 ソニックも配信予定

当初は100以上の有料ゲームが遊べるようになっており、iPhoneやiPad、そしてMac、Apple TVなどApple製デバイスでゲームを無限に遊ぶことが可能だ。ストリーミング形式ではなく、オフラインでプレイ可能。また、iPhoneで遊んでいたタイトルの続きをMacで遊べるなど、デバイスをまたいでクロスプラットフォームで遊ぶこともできる。

提供国は150以上とアナウンスされているため、おそらく日本でも提供が開始されるとみられる。会場で流された映像にはファイナルファンタジーシリーズで知られる坂口博信氏が登場。何か面白いタイトルを独自タイトルとして開発しているとのこと。FFシリーズの新作が配信されることになるのかもしれない。

提供開始時期は2019年秋。気になる利用料金は今後発表される予定だ。

▶︎ Apple公式サイトで各種「Apple TV」をチェック
 ・Apple TV 4K
 ・Apple TV HD
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。