Apple、iTunesアプリの分割を計画中 macOS 10.15からはMusicとPodcastの2つのアプリが新たに提供か

これまでお世話になってきた 「iTunes」 の機能が次期macOSの 「macOS 10.15」 で分割され、別々のアプリとして提供されることになるかもしれない。

開発者のSteve Troughton-Smith氏(@stroughtonsmith)は、Appleが新たにUIKit(iOSアプリのフレームワーク)ベースの 「Music」 「Podcast」 「Books」 アプリの開発に取り組んでいると伝えている。

次期macOSでiTunesアプリの提供が終了か

今回の情報に関してSteve Troughton-Smith氏は、現時点では詳しい証拠を伝えることができないと発言しているが、内容にはかなり自信があるという。

もしこの情報が正しいのであれば、音楽を聴く場合は 「Music」 アプリ、Podcastを聴く場合は 「Podcast」 アプリというようにそれぞれのアプリが個別の機能を持つことになり、「iTunes」 の機能が分割されてしまうことに。

Appleは昨年6月に開催したWWDC 2018でiOSアプリがmacOSで動作するクロスプラットフォームの仕組みを開発していることを発表し、実際に 「macOS Mojave 10.14」 ではiOSアプリをベースにした株価・Home・ボイスメモ・ニュースアプリの提供が開始されている。

Appleはこのクロスプラットフォームの仕組みを段階的に実装していくと発表しており、まずはAppleの純正アプリから順にテスト実装していくことが明らかになっていた。この流れの一環として 「Music」 「Podcast」 アプリが提供され、もしかすると次期macOSでは 「iTunes」 アプリの提供が終了となってしまう可能性もあるかもしれない。

今回の情報が事実なら、今年6月に開催されるWWDC 2019でこれらに関する詳細が発表されることになりそうだ。

関連記事
Apple、「WWDC 2019」 開催を正式発表 2019年6月3日~7日の5日間
有志作成の「WWDC 2019」 壁紙が公開 iPhone、iPad、Macで利用可能

▶︎ Apple公式サイトで各種「Mac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
 ・iMac Pro
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
 ・MacBook
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。