Apple、アースデイを記念した限定アクティビティチャレンジを4月22日開催 30分のワークアウトでステッカー獲得可能

Appleは今年もアースデイを記念したアクティビティチャレンジを開催することがわかった。これまでApple Watchのアクティビティチャレンジに関する情報をいち早く伝えてきたKyle Seth Grey氏が、Twitterで報告している。

Grey氏によると、Appleは4月22日にアースデイ記念したアクティビティチャレンジを開催する予定。同日に最低30分間のアクティビティを実施することで、アースデーをモチーフにしたバッジが手に入る仕組みだ。

同イベントは2017年、2018年に続き、今年で3回目の実施となる。2017年の時はウォーキング、ランニング、サイクリング、車椅子、スイミングのいずれかのワークアウトに限定されていたが、2018年からはワークアウトの種類は限定されなくなっており、好きなワークアウトをどれでも30分間こなすことで達成が可能だ。

ちなみに、同チャレンジを達成することでバッジのほかにも特別なステッカーを手に入れることができる。このステッカーはiMessageで使用することが可能。日本でも獲得可能なので、Apple Watchをお持ちの方はぜひアクティビティチャレンジに挑んでみてはどうだろうか。

▶︎ Apple公式サイトで「Apple Watch」をチェック
 ・Apple Watch Series 5
 ・Apple Watch Nike+ / Apple Watch Hermès
 ・Apple Watch Series 3
▶︎ Apple公式サイトでApple Watchアクセサリをチェック
 ・ストラップ (バンド)
 ・ヘッドフォン・スピーカー
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。