【まとめ】Appleの新型ディスプレイ 「Pro Display XDR」 が正式発表 32インチの6K Retinaディスプレイ、完全なるHDRを表現可能

現地時間6月3日、Appleは年次開発者会議 「WWDC 2019」 の基調講演を米サンノゼで実施し、同イベント内で新型Mac Proと同時に新型純正ディスプレイの 「Pro Display XDR」 を正式発表した。

最強のディスプレイ「Pro Display XDR」 がAppleから登場

「Pro Display XDR」 は、Appleが開発した32インチ型6Kディスプレイ。画面解像度は6,016×3,384ピクセル(画面比率16:9)で、32インチのミドルサイズの画面ながらRetina(網膜限界)の綺麗な描画をサポートする。リフレッシュレートは最大60Hz。

背面

画面輝度は常時1,000nit(ニト)で、ピークは1,600nitにまで対応する。SDR時は500nit。縦配置(ポートレートモード)にも対応するほか、表面には反射防止コーティングが施されており、常に見やすい画面になっている。

また、広色域(P3)表示やTrueToneテクノロジーにも対応。さらにバックライトシステムに改良が加えられているため、iMacやiMac Pro以上に高い発色が可能。Apple曰く従来のHDRを超える完全なるHDR (Extreme Dynamic Range) を表現できるようになったとのことだ。ちなみに、製品名のXDRはこのExtreme Dynamic Rangeの省略形だ。

この 「Pro Display XDR」 は同時に発表された新型Mac Proと組み合わせて最大6台まで同時に稼動できるという。

本体価格は4999ドル(約55万円)だが、スタンドやVESAマウントは別売りになっていて、それぞれ999ドル(約11万円)と199ドル(約2.2万円)に設定されている。

▶︎ Apple公式サイトで各種「Mac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
 ・iMac Pro
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。