Appleの子ども向け 「サマーキャンプ」 イベント、2019年も開催

毎年恒例になっているAppleの子ども向けワークショップ 「サマーキャンプ」 が、2019年も開催されることがApple公式サイトで発表された。

「サマーキャンプ」 は、8歳から12歳の子ども向けに提供される無料のワークショップ。今年は音楽、コーディング、映画製作、アート&デザインといった4つのテーマプログラムから1つを選び、近くのApple Storeで1日90分、3日間にわたって取り組むという内容になっている。

同ワークショップイベントは全国にある8つのApple直営店で開催されるが、イベントの開催日程は今後発表予定で、参加者の募集も近いうちに開始される予定だ。MacRumorsによると、米国では例年通り7月から開催される予定だという。

参考までに、昨年の日本国内におけるサマーキャンプの開催スケジュール・詳細は以下の通りだった。

  • 参加者募集:2018年7月11日から
  • 開催日程:2018年7月〜8月
  • 参加費:無料

「サマーキャンプ」 はとても人気のあるイベントなため、参加者の募集が始まるとすぐに定員に達してしまう可能性がある。参加したい方は募集開始と同時に早めに申し込みが必要だ。

Apple公式サイトではサマーキャンプの募集が開始されたことを知らせるメール通知サービスが提供されているため、募集開始をいち早く知りたい場合はメールアドレスを登録しておくといいだろう。

また、サマーキャンプ中の3日間はご両親のうちどちらか、または保護者の方がお子さんに付き添う必要があることに注意が必要だ。

▶︎ 各種iPadの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。