Switch向け新作 「あつまれ どうぶつの森」 2020年3月20日に発売決定 次の舞台は無人島に

6月12日、任天堂は新作タイトルを発表する配信番組 「Nintendo Direct | E3 2019」 を実施。同イベントの中で、Nintendo Switch向けに開発されているどうぶつの森シリーズ最新作の作品名、そして同作の発売日を発表した。

発表によると、どうぶつの森シリーズ最新作の名前は 「あつまれ どうぶつの森」 。発売は2020年3月20日を予定しているという。当初は2019年を予定していたが、クオリティを上げるために発売日を2020年に延期することになったという。

今作の舞台は無人島。たぬきちの無人島移住プランによって、プレイヤーはこれまでの村から無人島に移住。そこでシリーズお馴染みの虫や魚を採取したりしてお金を稼ぎ、生活を豊かにしていく内容になっているとのこと。最初の拠点はテント。そこから斧を自分で作ったり、ドラム缶風呂や畑を設置するなど新しい要素も取り入れられるようだ。

また、複数のプレイヤーが無人島に集まれるマルチプレイ機能も搭載されるようだ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。