Apple、「iOS 13 Public Beta」 を配信開始

現地時間6月24日、Appleは 「iOS 13」 の初のパブリックベータ版 「iOS 13 Public Beta 1」 をリリースした。Apple Beta Software Programに登録しているユーザーは利用することが可能になっている。

「iOS 13 Public Beta」 は、Appleが提供する次期iOSのパブリックベータテスト版。

「iOS 13 Beta」 は、Apple Developer Programに登録しているユーザーのみが利用可能だが、「iOS 13 Public Beta」 は対応端末を持っているユーザーなら誰でも利用することが可能だ。当初は7月にリリースとアナウンスしていたが、どうやらリリース時期が早まったようだ。

今回配信された 「iOS 13 Public Beta 1」 は、すでに開発者向けに配信されている 「iOS 13 Beta」 と実質的に同じものが配信されていると予想される。正式版ではないため未知の不具合に遭遇する可能性があるが、いち早く次期iOSを体験できる。

同パブリックベータ版を利用するには、Apple Beta Software Programに各デバイスを登録する必要がある。詳しい登録方法はこちらの記事から確認を。

▶︎【解説】「iOS 13」 「iPadOS」 のパブリックベータをインストールする方法


「iOS 13」 の最大の特徴は、ダークモードという黒を基調とした新しいUIが利用できること。また、パフォーマンスも最大2倍に改善されており、Face IDの読み込みも30%高速化が果たされるなどの改善も行われている。

「iOS 13」 の新機能・変更点については以下の記事をご覧いただきたい。

関連記事
「iOS 13」 新機能まとめ ダークモード実装、Sign in with Appleでセキュリティを保ちつつ簡単ログインなど多数
「iOS 13 beta 2」 の変更点まとめ 4種類のMemojiステッカーが新規実装

「iOS 13」 がインストールできる端末は以下の通り。

iOS 13 対応端末
iPhone iPod touch 
iPhone XS / XS Max
iPhone XR
iPhone X
iPhone 8 / 8 Plus
iPhone 7 / 7 Plus
iPhone 6s / 6s Plus
iPhone SE
iPod touch (第7世代)
▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。