旧世代15インチMacBook Proがリコールになった理由がわかる写真 バッテリーが爆発し発煙したとの報告

先月21日、Appleは旧型MacBook Proに対して内蔵バッテリーが過熱・防火安全上の問題が発生する恐れがあるとして、「15インチ MacBook Pro バッテリー自主回収プログラム」 を実施することを発表した。

同プログラムの対象となるのは、2015年9月から2017年2月までの間に販売された 「MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015)」 だが、実際に問題が発生したMacBook Proの写真が海外ユーザーから公開されているので紹介したい。

修理プログラムの原因となった黒く焼けたMacBook Pro

写真を公開したのは海外デザイナーのSteven Gagne氏。彼は自身のFacebookページに写真を投稿した。

実際に写っているデバイスは黒く焼けたMacBook Proだが、彼によると自身の持つMacBook Pro (2015) の中に入っているバッテリーが突然発火し、煙を上げたという。煙は部屋中に充満したとも。

さらに出火した際に煤が発生したのか、それらがトラックパッド周辺から漏れ出ている様子が確認できる。底面には穴も開いてしまっている。もし実際、自分のもつ端末で起きたらと考えたらかなり危険だ。

Appleは同問題が発生する恐れのあるモデルを使用しているユーザーに対して、すぐに使用を中止し、無料の修理依頼に出すことを勧めている。

交換修理は、全国のApple Storeや正規サービスプロバイダで可能だ。遠隔地の場合は郵送にも対応する。

関連記事
【徹底レビュー】MacBook Pro 2019 13インチ:性能向上とキーボードの改良でいよいよ完成体に。2018年モデルとの比較も
MacBook Air (2018) レビュー:やっと現代化を果たした新型モデル、一体何がすごいのか

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。