2020年に最低1台のノッチレスiPhoneが登場か さらに翌年にはすべてのiPhoneがノッチレスに

2020年に発売するiPhoneは、いよいよノッチが消え去るかもしれない。著名アナリストMing-Chi Kuo氏が、将来の新型iPhoneに関する新しいレポートでその可能性を伝えた。

Kuo氏によると、Appleは2020年に少なくとも1台のiPhoneに小型のフロントカメラを搭載するとのこと。これは、iPhoneの画面上部にある “ノッチ” が細くなることを意味する。

画面上部の “ノッチ” は今後廃止されることに?

さらに、投資銀行Credit Suisseのアナリストは2020年にAppleがノッチが存在しないiPhoneを発売する予定だと伝えた。さらに、同氏の報告で注目なのはノッチだけでなく 「Face IDも搭載されない」 と伝えているということ。もしかすると先日報告されていた画面内蔵型のTouch IDがいよいよiPhoneに搭載されることになる予定なのかもしれない。

同アナリストは2021年のiPhoneについても言及している。計画ではすべてのiPhoneがノッチレスデザインになる予定で、画面の下にフロントカメラが内蔵されるとのこと。さらに画面全体で指紋認証できるようになるという。

ちなみにアナリスト曰く、2020年でiPhoneにFace IDが搭載されることがあっても2021年に画面内蔵型のTouch IDが搭載されるのは確実だという。

このふたりのアナリストの “証言” をもとに時系列表にすると以下の通りになる。

  • 2019年
    3種類のiPhoneが登場。現行モデルと同じノッチを搭載。上位モデルが有機ELディスプレイ、下位モデルは液晶ディスプレイを搭載。ワイヤレスパワーシェア機能を搭載する

  • 2020年
    合計3~4種類のiPhoneが登場。現行モデルよりも細いノッチが少なくとも1種類のモデルに搭載。Face IDは引き続き搭載もしくは廃止。Face IDが廃止された場合は画面内蔵型指紋認証機能が搭載。5G対応モデルが登場し、全モデルが有機ELディスプレイ搭載

  • 2021年
    すべてのiPhoneでノッチレス化。合計3~4種類のiPhoneが登場し、画面内蔵型Touch IDが搭載

この中で注目は、やはりノッチレス化と画面内蔵型のTouch IDだろう。

ノッチは画面上部に存在する切り欠き。最近は同デザインもある意味当たり前となったが、やはり画面上部に大きなノッチがあるのはあまりカッコいいものではない。

最近ではパンチホールデザインなど “フルベゼルレス”なデザインを採用したAndroidデバイスが注目を集めていることから、iPhoneもせめてノッチが小型化されることを期待する声が出ているが、登場は早くて2020年。まだしばらく待たされることになりそうだ。

また、画面内蔵型Touch IDについてはこれまで中国限定モデルにのみ搭載される可能性が指摘されていた。とはいえ、Appleが単一市場のみをターゲットにしたモデルを出すとは考えづらいことから、画面内蔵型Touch IDについてはどちらかというとCredit Suisseのアナリストの話の方が信憑性がある。

ただし、一度Face IDを世に広めてから、再び指紋認証センサーに戻るというのはどうにもAppleらしからぬ戦略。しかもFace IDが廃止された場合、AnimojiやMemojiが使えなくなってしまう可能性があるため、画面内蔵型Touch IDが搭載されたとしても、引き続きFace IDが搭載される可能性が高いと筆者は個人的に推測している。

関連記事
画面内蔵型指紋認証センサー搭載iPhone、やはり2020年に登場する可能性あり?
2020年のiPhoneは全部で4モデル?5.4/6.1/6.7インチモデルに加えてiPhone 8に似た廉価モデルを採用か

13インチ MacBook Air: 1.6GHzデュアルコアIntel Core i5プロセッサ, 128GB - シルバー (最新モデル)

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。