TaoTronics、世界初Balanced Membrane採用のハイブリッドドライバー搭載ワイヤレスイヤホン 「TT-BH07S Plus」 など新製品3モデルを発売へ

コストパフォーマンスの高さで人気を集めているオーディオ・家電ブランド 「TaoTronics」 は12日、ワイヤレスオーディオ製品3モデルを8月以降、順次発売することを発表した。

発表された製品は以下の3種類。

  • TaoTronics ネックバンド型ワイヤレスイヤホン “TT-BH07S Plus”
  • TaoTronics ワイヤレスイヤホン “TT-BH07S Boost”
  • TaoTronics 完全ワイヤレスイヤホン “Duo Free+”

以下、メーカー発表を引用する形で製品情報をお伝えする。

TaoTronics ネックバンド型ワイヤレスイヤホン “TT-BH07S Plus”
販売価格:8,618円(税込)
発売日:2019年8月9日(金)予定
予約開始日:2019年7月13日(土)
製品詳細: https://www.amazon.co.jp/dp/B07V7SVYS7

“TT-BH07S Plus”はワイヤレスイヤホンとして世界初の”Balanced Membrane (バランスド・メンブレン)”ドライバーを高音域用に、 ダイナミック型ドライバーを低音域用に搭載したハイブリットドライバー型のワイヤレスイヤホンです。 (*注1)
優れた音質とコストパフォーマンスで全世界200万台以上のセールスを記録したワイヤレスイヤホン”TT-BH07″シリーズのハイエンドモデルとして企画・開発された最新のワイヤレスイヤホンとなります。

Balanced Membraneドライバーは磁力によりドライバーを駆動させるタイプのドライバーで、 非常にナチュラルでレスポンスの良い高音を得意としております。 また低音用にはφ10mmのダイナミック型ドライバーを搭載。 構造上いずれのドライバーも同軸上に配置することにより音をダイレクトに耳に届けることを可能とし、 クリアで伸びやかな高音と深みと迫力のある低音の両立とナチュラルなサウンドの再現を実現いたしました。

搭載するチップはQualcomm社最新チップ”QCC3034″を採用。 このチップの省電力仕様により、 単体で最大30時間という、 ワイヤレスイヤホンとして最長クラスの単体連続使用時間も実現いたしました。

コーデックも高音質コーデックAACやaptXに加え、aptX HDまで対応。これら高音質コーデックの対応とハイブリッドドライバーの搭載により、 iPhoneでもAndroidスマートフォンでも音楽や動画を高音質でお楽しみ頂けます。

■”Balanced Membrane (バランスド・メンブレン)”ドライバー採用 ハイブリッド型イヤホン
高音域用に”Balanced Membrane (バランスド・メンブレン)”ドライバー、 低音域用にダイナミック型ドライバーを搭載したハイブリッド構造。いずれのドライバーも同軸上に配置し一体型のドライバーにすることで、 安定的にサウンドをダイレクトに耳に届けることを可能とし、 クリアで伸びやかな高音と深みと迫力のある低音の両立とナチュラルなサウンドの再現を実現いたしました。

■Qualcomm社最新チップ”QCC3034″採用
Qualcomm社製最新チップ”QCC3034″を採用。このチップの採用により低消費電力化に成功し、 最大30時間の連続再生時間を実現。
またコーデックも高音質コーデックAACやaptXに加え、 aptX HDまで対応いたしました。

*注1:ネックバンド式ワイヤレスイヤホンとして。 2019年7月12日時点、 自社調べ。

TaoTronics ワイヤレスイヤホン “TT-BH07S Boost”
販売価格:5,378円(税込)
発売日:2019年8月9日(金)予定
予約開始日:2019年7月13日(土)
製品詳細 ブラック: https://www.amazon.co.jp/dp/B07V8SC6CT
製品詳細 レッド: https://www.amazon.co.jp/dp/B07V2CLN6Y

“TT-BH07S Boost”はQualcomm社製の最新チップ“QCC3026”を採用し、特殊ファイバー素材のダイナミック型ドライバーを搭載した最新のワイヤレスイヤホンです。

Qualcomm社製の最新チップ“QCC3034”の採用により、低消費電力化を実現。 単体で最長15時間の連続使用時間を実現いたしました。 コーデックも高音質コーデックAACやaptXに加え、 aptX HDにまで対応。 iPhoneでもAndroidスマートフォンでも音楽や動画を高音質でお楽しみ頂けるようにいたしました。

ドライバーは特殊ファイバー仕様のダイナミック型ドライバーを搭載。φ10mmという大型ドライバーを搭載することによりダイナミックな低音を実現しながらも、 特殊ファイバー仕様の効果により低音に潰されることのないクリアさも確保。 音楽や動画を迫力のあるサウンドで再現いたします。

またバッテリー配置を見直し、ケーブル上にバッテリーを搭載。TT-BH07や姉妹モデルTT-BH07Sに比べてもコンパクトな本体形状で使用時の装着感が向上しながらも、再生時間は同レベルの長時間再生を実現しております。

■Qualcomm社最新チップ”QCC3034″採用
Qualcomm社製最新チップ”QCC3034″を採用。このチップの採用により低消費電力化に成功し、最大15時間の連続再生時間を実現。またコーデックも高音質コーデックAACやaptXに加え、aptX HDまで対応いたしました。

■豊かな低音を実現する特殊ファイバー仕様のダイナミック型ドライバーを搭載
特殊ファイバー仕様かつφ10mmという大型のダイナミック型ドライバーを搭載。豊かな低音を再現し、 音楽や動画を迫力のあるサウンドで再現いたします。

TaoTronics 完全ワイヤレスイヤホン “Duo Free+”
販売価格:10,778円(税込)
発売日:2019年8月予定
予約開始日:2019年7月13日(土)
製品詳細: https://www.amazon.co.jp/dp/B07V3HGG12

“Duo Free+”はQiワイヤレス充電や自動ペアリング、タッチセンサーコントロールなど最新のテクノロジーを搭載した完全ワイヤレスイヤホンです。優れた使用感、音質、質感などで好評の完全ワイヤレスイヤホン”Duo Free”のアップグレードモデルとなります。 (*注2)

Qualcomn社製チップ“QCC3020”を採用し、 Bluetooth 5.0に対応。
コーデックもAACやaptXなど高音質なコーデックを網羅し、 iPhoneでもAndroidスマートホンでも高音質で音楽や動画をお楽しみいただけます。 また省電力設計となり、 イヤホン単体で最長7時間の連続使用、 ケースとの併用で最長38.5時間の使用時間を実現いたしました。

またQi規格のワイヤレス充電に対応。 ワイヤレス充電器をご使用頂くことによりDuo Free+を上に置くだけで充電が開始され、 煩雑な充電問題も解決いたします。

サウンドも”Duo Free”で好評であったクリアさを継承しながらも低音の量感などを磨きあげ、 よりリスニング向けなサウンドへとブラッシュアップいたしました。

その他本体にタッチするだけで操作可能なタッチセンサーや質感の高いレザー仕様のケース、 快適な使用感を実現する自動ペアリング設計や心地の良い装着感を実現するプロ用イヤホン”カスタムIEM”に着想を得たイヤホン形状など、 完全ワイヤレスとして最先端の仕様を引き続き採用いたしました。

■Qi規格 ワイヤレス充電対応
Qi規格のワイヤレス充電に対応。 別売りのワイヤレス充電をご用意頂くことで、 置くだけで充電が可能に。
充電のたびにケーブル接続という煩わしさから解放され、 さらにワイヤレスな環境を実現いたします。

■快適な装着感を実現する”カスタムIEMシェイプ筐体”
好きな音楽や動画鑑賞をさらに快適なものにするために、 Duo Freeシリーズは装着感にこだわりました。
快適な装着感を実現するために、 プロのミュージシャンが使用するイヤホンに着目。 人の耳の形を元にイヤホンの形状を作ることにより、 圧迫感と違和感の少ない装着感を実現。
長時間のリスニングでも疲労感や痛みを与えにくい仕様にいたしました。

*注2:Qi規格のワイヤレス充電器は付属いたしませんので予めご注意ください。

上記の3製品はいずれも本日から予約受付が開始されており、記事中のリンクから予約可能だ。TaoTronicsの製品は音質と機能に優れた優秀な製品が多いため、イヤホンの新規購入を考えている方、現在使っているイヤホンに不満があって買い替えを検討している方はぜひ詳細を確認していただきたい。

関連記事
Taotronics 「TT-BH053(SoundLiberty 53)」 レビュー |  5千円以下でも自動ペアリングに対応した高品質完全ワイヤレスイヤホン
TaoTronics TT-BH072 レビュー | 高音質で使いやすさ抜群、それでいて5,000円以下とコスパ最強のワイヤレスイヤホン

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。