au、海外データeSIMの対象国・地域を96に拡大

7月19日(金)、auはデュアルSIMに対応したiPhone向けに提供しているeSIMサービス 「海外データeSIM」 の提供国・地域を96に拡大することを発表した。

海外データeSIM

auが海外渡航者向けに提供しているeSIMサービス。世界中でトラベルSIM事業を展開するGigSkyのプラットフォームを活用する形で運営している。専用アプリ上で、事前に利用期間とデータ量を決めてプラン購入できるため、追加料金の心配なく安心して利用可能。1回プランを購入すると、複数の国・地域をまたいで利用できる。

これまでは北米とハワイのみで利用することが可能だったが、他地域への対応を求めるユーザーの声に応えるため、新たにオーストラリアやニュージーランド、イギリスなど96の国・地域を対象に含めることを決めた。

北米 アメリカ (アラスカ)、アメリカ (本土)、カナダ
アジア・オセアニア オーストラリア、韓国、キリバス、グアム、サイパン、シンガポール、タイ、台湾、中国、ニュージーランド、パキスタン、ハワイ、フィリピン、ベトナム、香港、マカオ、マレーシア
ヨーロッパ アイスランド、アイルランド、アゼルバイジャン、アゾレス諸島、アルメニア、イギリス、イギリス (ジャージー島)、イタリア、ウクライナ、エストニア、オランダ、ギリシャ、グリーンランド、クロアチア、スイス、スウェーデン、スペイン、スロベニア、セルビア、チェコ、デンマーク、ドイツ、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、フェロー諸島、フランス、ブルガリア、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、マディラ諸島、マルタ、モンテネグロ、ラトビア、リトアニア、リヒテンシュタイン、ロシア連邦
中東・アフリカ カナリア諸島、クウェート、スペイン領北アフリカ、パレスチナ、ヨルダン、レユニオン
中南米 アルゼンチン、アンギラ、アンティグア・バーブーダ、ウルグアイ、エクアドル、エルサルバドル、ガイアナ、グアテマラ、グレナダ、ケイマン諸島、コロンビア、ジャマイカ、セントクリストファー・ネイビス、セントルシア、タークス諸島・カイコス諸島、チリ、ドミニカ、ドミニカ共和国、パナマ、バハマ、バミューダ諸島、パラグアイ、バルバドス、プエルトリコ、ブラジル、ペルー、ボリビア、ホンジュラス、メキシコ、モンセラット、英領バージン諸島、米領バージン諸島

同サービスが利用できるのは現時点ではiPhone XS/XS MaxとiPhone XRの3モデル。auで購入したiPhoneあるいはSIMロックが解除された端末である必要がある点に注意が必要だ。

ちなみに、auは世界150カ国・海外渡航者の99.9%をカバーできる 「世界データ定額」 も提供している。

関連記事
KDDI、世界データ定額の利用料無料キャンペーン 「ナツ旅・無料キャンペーン」 発表
KDDIとソフトバンクが5G基地局の早期整備で提携 両社保有の基地局を相互運営

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。