Apple、Intelのスマホ向けモデムチップ事業を早ければ来週にも買収へ 買収額は10億ドル以上に

現地時間7月22日、AppleがIntelのスマホ向けモデムチップ事業の買収に向けて協議を進めていることが明らかになった。

これを報じたWSJによると、買収額は特許やスタッフなどを含めて10億ドル以上になる見通しで、早ければ来週にも合意に至る可能性があるとのこと。

来週中にもIntelのスマホ向けモデムチップ事業の買収が発表か

今年4月、Appleが特許などを巡って係争中だったQualcommと和解したことを受け、Intelはスマートフォン向け5Gモデムチップ事業からの撤退を発表していた。

しかし、Intelは昨年夏からAppleと買収に関して話し合いを続けていたと伝えられているため、その協議はQualcommとの和解により加速したものとみられる。

もし今回報じられている買収が成立した場合、Appleはモデムチップの自社生産が可能になり、今後発売される新型iPhoneやiPadなどにそれらのチップを採用できるようになるものとみられる。

関連記事
早ければ2020年に5G対応iPhoneが発売?AppleとQualcommが全面和解
5G対応iPhoneはやはり2020年に発売 モデムチップはQualcommとSamsungの2社が供給か

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。