Apple、Intelのスマホ向けモデムチップ事業買収を正式発表 買収額10億ドル、2019年第4四半期に買収手続き完了へ

現地時間7月25日、AppleはIntelのスマートフォン向けモデムチップ事業を買収することを正式に発表した。買収額は10億ドル (約1100億円) で、規制当局の承認を得られれば2019年第4四半期に買収手続きが完了する見込みだ。

Appleの発表によると、モデムチップ開発に携わっていた約2,200名のIntelの従業員がAppleに入社予定であるとのこと。また、Intelが所有する各設備やリース、さらには携帯電話のプロトコルからモデムアーキテクチャ、モデムチップの動作まで17,000を超える知的財産など手にすることになるという。

今回の買収発表に伴い、Intelの最高経営責任者(CEO)であるBob Swan氏は次のようにコメントしている。

「私たちは長い間Appleを尊敬してきました。彼らがこの才能あるチームとこれらの重要な資産のために適切な環境を提供していると確信しています。 ネットワーク事業者、電気通信機器メーカー、クラウドサービスプロバイダーなど、グローバルな顧客基盤のニーズに最も近い5Gに全力を尽くすことを楽しみにしています。」

今回の買収によって、Appleはモデムチップの自社生産が可能になり、今後発売される新型iPhoneやiPadなどにそれらのチップを採用できるようになるものとみられる。ちなみにIntelは、Appleが特許などを巡って係争中だったQualcommと和解したことを受け、スマートフォン向け5Gモデムチップ事業からの撤退を発表していた。

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。