Apple Card、来月初めに正式サービス開始か カナダ・欧州・中国なども来年以降にサービス開始へ

Apple独自のクレジットカード 「Apple Card」 が今夏、米国でサービス開始予定とアナウンスされているが、正式なサービス提供時期は8月前半になることがわかった。米Bloombergが伝えた。

Apple Card、2019年8月に提供開始へ

同メディアはこの情報をApple事情に精通した人物からの情報として伝えており、早ければ今年8月前半にサービス開始だという。

Apple Card

AppleがGoldman Sachs (ゴールドマン・サックス) と共同で発行するクレジットカード。iPhoneの 「Wallet」 アプリと連携させることで管理でき、還元率はApple Payを経由して通常の買い物をした時は2%、Apple Storeでの買い物は3% 。物理式カードを使って、Apple Payを経由せずに買い物をした時の還元率は1% 。年会費・決済手数料・延滞手数料はなし。物理式カードはチタン製。カード番号やCVVせキュリティコードなどは一切印字されない。

Apple Cardは、現時点では米国のみで提供が開始されることがアナウンスされており、他地域に関してはいつ頃に始まるのかはまだ明らかにされていない。ただし、水面下では各国準備が開始されていることがわかっており、カナダや欧州、中国や香港でApple Cardの商標登録が行われたことが判明している。また、このうちのカナダに関しては早くて来年以降のローンチになることが報じられている。

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。