ソニー、「nasne」の出荷完了を報告 既存サービスはしばらく利用可能

7月26日、ソニー・インタラクティブエンタテインメントは 「nasne」 の出荷を完了したことを報告した。nasneの出荷完了については今年6月に予告されていたが、その約1ヶ月後に予告通り出荷を完了したことが明らかになった。

予告通りnasneが出荷完了。既存サービスはしばらく利用可能

「nasne」 は、2012年に発売したハードディスク・レコーダー機能搭載ネットワークストレージ。地上・BS・110度CSの3波のデジタルチューナーと500GB/1TBのストレージを内蔵し、テレビ番組を録画することができた。また、ネットワークを介してPS3やPS4・PS Vitaなどでテレビ番組を再生することが可能と便利なデバイスだった。

今回の出荷完了によって、nasneは近いうちに店頭から姿を消すことになる。すでに在庫がなくなっている店舗もあるはずだ。

ちなみにソニー・インタラクティブエンタテインメントの発表によると、torneやnasneACCESSといった既存サービスについては今後しばらくは利用できるとのこと。すぐに使えなくなるというわけではないようだが、ただいつまで利用できるのかも現時点ではアナウンスされていないため、いずれ使えなくなってしまうことを覚悟しておく必要がありそうだ。

また、後継機種については現時点では予定していないという。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。