Apple、ネットワーク介さずメッセージ送信できる 「トランシーバー」 機能をiPhoneに搭載計画。ただし現在は保留中

山や海など人の住むエリアから外れるとモバイル通信が利用できないことがよくあるが、この問題を解消するためAppleはiPhoneにトランシーバー機能を搭載することを計画していたことがわかった。米メディアThe Informationが報じている。

Apple Watchのトランシーバー機能がiPhoneに実装予定だった?

この情報は、The InformationがAppleの 「トランシーバー」 プロジェクトに詳しいふたりの人物から聞いたものだ。

同プロジェクトはモバイル通信が利用できない環境であってもiPhone同士でメッセージの送信ができるようにする機能で、AppleはIntelと協力し、携帯電話のネットワークを迂回する長距離電波を使ってiPhone同士がメッセージを送れる仕組み。

Apple Watchにも同様の機能が搭載されているが、これをiPhoneにも搭載しようということだ。

しかしThe Informationによると、この機能については2019年初頭にプロジェクトの責任者がAppleを退職してしまったこともあり、現在は開発を保留されてしまっているという。具体的に中止となった理由については明らかにされていないものの、この機能はIntel製モデムチップによって実現する予定だったが、AppleはIntelではなくQualcomm製のモデムチップを採用することを決めているため、この変更も開発の進捗に大きく関係していそうだ。

関連記事
次期iPhoneの名称は 「iPhone Pro」 か 著名リーカーに続きMacRumorsも匿名情報筋から情報を受け取る
「iPhone 11」 の発表イベントは9月10日(火)に実施へ 開発者向けベータ版から判明

iPad mini Wi-Fi 64GB - シルバー (最新モデル)
Apple(アップル) (2019-03-28)
売り上げランキング: 535
iPad Wi-Fi 32GB - ゴールド (最新モデル)
Apple(アップル) (2018-03-28)
売り上げランキング: 304
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。