噂のApple Watch用スマートバンド、生体認証や締め付け自動調節機能が搭載?

AppleがApple Watch用にスマートバンドを用意しているという噂があるが、このスマートバンドに関する複数の特許をAppleが取得したことが判明した。この特許の一部もしくはすべてが次世代のバンドに搭載される可能性があり、Appleが開発しているスマートバンドの姿を窺い知ることができるかもしれない。

今回判明したAppleが取得した特許は全部で以下の3種類。Appleの特許情報を追うPattently Appleが伝えたものだ。

  • 手首センサー
  • インジケーター(ディスプレイ)
  • 腕への締め付けを自動調節する機能

手首でユーザーを認証する生体センサー

まずは手首センサー。Apple Watchは現行モデルはユーザーの認証を行うためにパスコードを入力する必要があるが、スマートバンドの内側に生体認証機能が搭載されることで、Apple Watchを腕に着けるだけでユーザー認証を突破できるようになるかもしれない。

Appleの特許情報によると、この生体認証は熱センサーになっていて、手首の皮膚や体毛の熱パターンを測ることで認証できるという。手首の ”温度” がどれほど高い精度で認証できるのかは未知数だが、現行モデルの煩わしいロック解除を考えたらスマート認証機能は歓迎すべきものなのかもしれない。

インジケーター(ディスプレイ)

次はインジケーターに関する特許。インジケータとは温度や高度・速度といった数字を表示する ”計器” を指すものと一般的に認知されているかもしれないが、Apple Watchのスマートバンド用に開発されているインジケーターはアクティビティやカロリーなどの情報を表示するためのものとして存在するようだ。

これまでのApple Watchは、当然ながらひとつの画面しか存在しなかったため、コンプリケーションをうまく使ったとしてもユーザーが求める情報を即座に入手することは実質的に不可能。例えばアクティビティ中に天気を見たり、メッセージを見たり。

しかし、この “インジケーター” がバンド部分に別途用意されれば 「いくら走ったか」 などのアクティビティ情報はメイン画面を使わずに確認できるようになるだろう。他にも多数の活用方法が考えられ、使い方によってはApple Watchはさらに便利になりそうだ。

腕への締め付けを自動調節する機能

最後は、腕への自動締め付け機能。

Appleが開発しているスマートバンドは手動締めではなく電動締めで、装着する腕にバンドがフィットするよう、締め付け具合を自動調節する機能が搭載されるかもしれない。イメージはNikeが販売している靴紐が自動で締まる 「Nike Adapt」 のようなものだろうか。

締め付け具合はソフトウェアで設定することができ、ユーザーの好きな締め付け具合を保存することもできるようだ。


今回発見されたのはあくまでも特許情報で、これらすべてが次世代Apple Watchに搭載されるという訳ではないかもしれない。とはいえ、もしAppleがスマートバンドを本当に開発しているのであれば、この一部が実装されても決しておかしくはないだろう。

ただし筆者が個人的に気になるのは、これらの機能はいずれも電力を使うものになっていて、Apple Watchから電力を供給してもらう必要があるという点。もっと言うとApple Watchのバッテリー持ちが悪くなる可能性があるということだ。一方でもしバッテリー持ちの問題を解消できたなら、Apple Watchは確実に “次世代” に進むことができるだろう。

同技術を使ったApple Watchの登場はおそらくまだ先になるだろうが、Appleが2~3年あるいはもっと先を見据えて製品開発をしていることを考えたら、こうした特許技術に関する情報については今後もチェックしていく必要がありそうだ。

関連記事
次期Apple Watchは睡眠トラッキングが新機能?Series 4のマイナーアップデートモデルが登場予定との情報
「Apple Watch Series 5」 は血圧測定機能をサポートか

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。