「Papers, Please」 作者が開発した 「Return of the Obra Dinn」 、ニンテンドースイッチで2019年秋リリース決定

2018年にリリースされた名作 「Return of the Obra Dinn」 がニンテンドースイッチでリリース決定。

9月5日、任天堂は新作タイトルを発表するプレゼンテーション番組 「Nintendo Direct 2019.9.5」 の中で、「Return of the Obra Dinn」 をニンテンドースイッチ向けに2019年秋に発売することを発表した。

「Papers, Please」 作者の最新作がニンテンドースイッチに登場

本作は、入国審査ゲーム 「Papers, Please」 の作者Lucas Pope氏の最新作。プレイヤーは東インド会社の保険金調査員となり、数年前に消息不明となりながら突如漂着した貿易船 「オブラ・ディン号」 の乗客・乗員の謎の死亡・失踪を解き明かしていく。メメント・モーテムという不思議な懐中時計を使いながら、乗員・乗客の死因・身元を特定していくことが求められる。

その独特なゲーム内容から高い評価を受けている同作がニンテンドースイッチで遊べるようになる。「Return of the Obra Dinn」 は2019年秋にNintendo Switchでリリース予定だ。

Nintendo Switch Joy-Con(L)/(R) グレー(バッテリー持続時間が長くなったモデル)
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。