ソフトバンク、契約期間&違約金のない料金プランを9月13日に提供開始 既存プランから違約金なしで変更可能

9月6日、既報のとおりソフトバンクは2年縛りを含む長期契約を前提とする料金プランの提供を廃止した新しい料金プランの提供を開始することを発表した。

同プランはこれまで契約解除に必要だった違約金も必要としないため、極端な話をするとその月だけ契約をして、翌月にはすぐに乗り換えることも可能となる。今回発表された新料金プランは9月13日から提供開始予定だ。

今回ソフトバンクが発表した新料金プランは、「基本プラン」 と 「データ定額サービス」 の2階建構造。

基本プラン

まずは 「基本プラン」 だが、これまでデバイス種類によって異なっていた基本料金をすべて分かりやすいように統一。

種類は音声プラン(音声)とデータプラン(データ)のふたつに分かれているが、どちらも980円で契約できる。スマホやケータイは基本プラン(音声)、タブレットとモバイルWi-Fiルーターはデータプラン(データ)となる。

基本プラン
名称 月額(税別) 対象
基本プラン(音声) 980円 スマホ、ケータイ
基本プラン(データ) 980円 タブレット、モバイルWi-Fiルーター

通話料は、家族内の国内通話は24時間無料、それ以外の国内通話は20円/30秒の従量制。基本プラン(音声)には、国内通話が24時間無料になる「定額オプション(月額1,500円)」、1回5分以内の国内通話が無料になる「準定額オプション(月額500円)」も用意されている。

ちなみに、「みまもりケータイ」 「キッズフォン」 「あんしんファミリーケータイ」 は、「基本プラン(みまもりケータイ/キッズフォン)」(月額490円、1回5分以内の国内通話無料)で利用可能だ。

データ定額サービス

次は 「データ定額サービス」 。データ定額サービスは 「データプラン50GB+」 「データプラン ミニ」 、スマホとケータイ向けの 「データプラン1GB」 、ケータイ向けの 「データプラン100MB」 、そして親回線のデータ容量を共有する「データシェアプラス」 の全部で5つとなる。

各データ定額の料金体系は以下表を参考にしていただきたい。

データ定額サービス
名称 データ容量 月額(税別) 対象
データプラン 50GB+ 50GB 6,500円 全機種
データプランミニ 0〜50GB(4段階) 3,000〜7,500円 全機種
データプラン 1GB(スマホ)
データプラン 1GB(ケータイ)
1GB 1,500円 スマホ、ケータイ
基本プラン(データ) 100MB 300円 ケータイ
基本プラン(データ) 親回線から使用 0円 タブレット、
モバイルWi-Fiルーター

ちなみにケータイは、「基本プラン (音声)」 のみ(月額980円~)でも利用可能。

テザリングの利用には 「テザリングオプション (月額500円)」 の申し込みが必要だという。テザリングはデータ容量の上限まで制限なく利用できるとのこと。


今回発表された契約期間&違約金のない料金プランは、9月13日から提供開始となる。それに合わせて、9月12日から既存プランの新規申し込みの受付を終了する。

また、すでに既存プランで組んでいる方については今後も加入プランで継続できるが、既存プランから新料金プランに移行することも可能で、その場合は利用期間にかかわらず契約解除料はかからないとアナウンスされている。

関連記事
ソフトバンク、2年縛りを9月中旬に廃止へ
「成長の鍵はAIシフト」 ソフトバンク孫正義社長が法人向けイベントで語る 日本のAI分野に危機感も

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。