楽天の携帯キャリア事業、10月1日から無料サポータープラン提供 東京23区、大阪、名古屋在住者を対象

9月6日、楽天は都内で 「携帯キャリア事業についての記者発表会」 を報道陣向けに開催し、2019年10月から正式サービス開始としていた同社の携帯キャリア事業に関する発表を行った。

10月から無料サポータープログラムを東京23区、大阪、名古屋在住者を対象に開始

楽天の発表によると、同社の携帯キャリア事業は当初10月から提供予定だったが、まずは 「無料サポータープログラム」 として提供が行われるという。

同プログラムは、楽天の通信キャリアの安定稼働できるようになるまでのパイロットプログラム的なもの。一部ユーザーに通話料・データ容量0円で楽天のキャリアサービスを提供する。無料で参加できるが、品質テストやアンケートに複数回回答すること、楽天回線対応製品を利用することが参加要件として設けられている。

参加者は国内通話・データ通信、国際通話、国際ローミング、SMSを無制限で利用できる。

同プログラムの参加人数は当初5,000名。東京都23区、大阪市、名古屋市、神戸市にお住いの方で、満18歳以上、新規契約およびMNPの方を対象とする。

プログラムは2019年10月1日から2020年3月31日まで実施。プログラムへの参加申し込みは2019年10月1日から10月7日まで実施する。応募多数だった場合は抽選となる。

当初、一部報道ではMNOサービスの提供開始が半年遅れると報じられていたが、三木谷社長は 「そういうことではない」 と話す。「世界で初めて、従来ネットワークとは異なる完全仮想化クラウドネイティブネットワークで通信回線を商用提供する試みのため、まずは安定稼働を確認することが重要」 だとした。

「無料サポータープログラム」 はその安定稼働までの措置として提供する予定。同プログラムは2019年3月31日まで提供としているが、もし安定稼働に問題がなければ公式サイトなどで一般ユーザー向けの有料サービスを正式提供する。無料サポータープログラム自体はこの時点で終了となるが、本来終了予定の2020年3月までこのプログラムを継続利用したい場合は、通信料金と同額程度のモニター報酬を支払う予定だという。

詳細な料金プランなどは正式サービスの提供が開始できることが決まり次第、発表する予定だという。

 

基地局の設置は「順調に回復している」と三木谷社長

各方面から報じられている “通信基地局の整備の遅れ” について、楽天の三木谷社長は 「基地局の設置は当初は遅れていたものの、今は順調に回復してきている。」 と述べた。

基地局の展開は当初、東京、名古屋、大阪で予定しており、9月中に運用開始できるという。そのほかのエリアについてはKDDIのローミングを利用してサービス展開を行っていくとした。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。