Powerbeats、Beats Solo Pro、BeatsEPがApple公式サイトでディスコン。Amazonなど外部サイトではまだ購入可能

11月2日、Appleはオーディオブランド 「Beats by Dr. Dre」 の3製品 「Powerbeats」 「Beats Solo Pro」「BeatsEP」 の販売を終了した。Apple公式サイトでは販売ページが削除されており、購入不可になっている。

Apple公式サイトで 「Powerbeats」 「Beats Solo Pro」「BeatsEP」 が販売終了

「Powerbeats」 はネックバンド型の完全ワイヤレスイヤホン。実質的な上位モデルとなる完全ワイヤレスイヤホン 「Powerbeats Pro」 と同じ特徴を採用した製品となっていて、激しい運動でもしっかりと装着できるよう耳に引っ掛けるイヤーフックを採用している。耐汗・防沫仕様で汗をかいたり、雨の中での使用も可能だった。

「Beats Solo Pro」 は、2019年に発売したオンイヤー型ワイヤレスヘッドホン。ピュアアダプティブノイズキャンセリング(Pure ANC) 機能が搭載されており、オンイヤー型ながら周囲の音を多少シャットアウトすることが可能。また、周囲の音を聴きたい時は外部音取り込みモードを有効にすることで、内蔵マイクを使って環境音を取り入れることもできる。搭載チップは、AirPodsやPowerbeats Proに搭載されたものと同じH1チップ。AirPodsとおなじようにiPhoneに近づけるだけでスムーズにペアリングできた。さらにH1チップを搭載したことによってHey Siriにも対応している。

「BeatsEP」 は2017年3月に発売した有線オンイヤーヘッドホンで、シンプルなデザインと音質にファンも多かった。Beats製品の中ではかなり安い10,780円(税込)で購入できるなどの魅力も。

これらの製品は、昨日の完全ワイヤレスイヤホン 「Beats Fit Pro」 の発表とともに販売が終了したものとみられる。まだ、Amazon.co.jpなど外部サイトでは購入可能なため、もしほしい方がいたらぜひお早めに購入いただきたい。

関連記事
完全ワイヤレスイヤホン 「Beats Fit Pro」 正式発表。日本では2022年初旬に発売

( via MacRumors )

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。