Beats初の完全ワイヤレスイヤホン 「Powerbeats Pro」 正式発表 価格は24,800円(税別)、5月発売予定

4月4日、Beats初の完全ワイヤレスイヤホン 「Powerbeats Pro」 が正式発表。日本を含む20ヶ国以上で発売、リリース時期は2019年5月を予定している。価格は249.95ドル、日本では24,800円(税別)で販売される。

Powerbeats Pro」 は、「Powerbeats Wireless」 シリーズのデザインを受け継ぎながら完全ワイヤレス化を果たした製品。AirPods (第2世代)」 と同じくH1チップを搭載し、長時間のバッテリー駆動と接続の安定性と速度向上、さらにHey Siriにも対応した。前モデルから23%の小型化と17%の軽量化が行われており、さらに耐水・耐汗性能も備えているためスポーツ向けモデルとして活躍してくれそうだ。

Beats初の完全ワイヤレスイヤホン 「Powerbeats Pro」 発表

「Powerbeats Pro」 と 「AirPods (第2世代)」 の違いは、耳にしっかり装着できるようにイヤーフックが存在するということ。さらにバッテリー持ちが長いということ。そして耐水・耐汗仕様で、カラーラインナップが豊富であるということが挙げられる。

バッテリー持ちは完全ワイヤレスイヤホンの中でも長い9時間。バッテリーケースを併用することで最大24時間の駆動が可能だ。しかも5分の充電で1時間30分、15分の充電で4時間30分の駆動が可能な高速充電機能 「Fast Fuel」 にも対応するため、バッテリー持ちに悩まされる心配はかなり少ないはず。

さらに、イヤーフックと4種類のイヤーチップが用意されているため、「Powerbeats Pro」はAirPodsの装着感に悩まされていた人の解決策となりそうだ。激しい運動でもポロっと耳から落ちる心配も不要となる。

「Powerbeats Pro」 の充電は内蔵のLightningポートで行う形式で、今流行りのUSB-Cコネクタに置き換えられることはなく、またワイヤレス充電にも対応しない。

CNETによると「Powerbeats Pro」 の音質はAirPodsよりも優れているとのこと。さらに音楽再生コントロール機能(再生・停止・音量の上げ下げ)が搭載されているため使い勝手もAirPodsよりも上だという。

カラーラインナップはアイボリー・モス・ネイビー・ブラックの4種類。日本のApple公式サイトでも購入ページが登場しているが、現時点ではまだ購入することはできない状態だ。

【追記 (2019.6.5 19:00)】
Powerbeats Proの日本国内での発売は7月に遅れることが判明。ブラックのみ7月先行発売、その他のカラーは今夏予定となっています。詳細はこちらの記事から。

当サイトでは Powerbeats Pro のレビュー記事 「Powerbeats Pro レビュー | AirPodsより音質は上、Beats初完全ワイヤレスイヤホン。防水と装着感の高さが魅力」 を公開している。Powerbeats Proがどんなイヤホンなのか気になる方はぜひ同記事をご覧になっていただきたい。

関連記事
【比較】AirPodsとPowerbeats Pro、どちらを買うべき?性能・音質・バッテリー持ちなど比較してみた

Powerbeats Pro、米国・カナダでは予定通り5月発売 日本では発売が6月に

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。