「Powerbeats4 Wirelessイヤホン」 の製品画像がリーク。H1チップ搭載でHey Siriに対応か

Appleは傘下オーディオブランド 「Beats」 から、新型イヤホン 「Powerbeats4 Wirelessイヤホン」 を発売すると噂されているが、同製品の公式マーケティング画像を含めたリーク情報が出てきたため、その詳細をお伝えしたい。

「Powerbeats4 Wirelessイヤホン」 のマーケティング画像がリークか

同リーク情報を提供したのはドイツのブログメディアWinFuture。同メディアは過去にも正確なリーク情報をもたらしたことがある実績のあるサイトだが、まもなく発売予定とされる 「Powerbeats4 Wirelessイヤホン」 の公式マーケティング画像を9日に掲出した。

上記がそのマーケティング画像。Beatsの完全ワイヤレスイヤホン 「Powerbeats Pro」 にも似た、従来の 「Powerbeats3 Wirelessイヤホン」 に比べてやや “曲がった” デザインを採用していることがお分かりいただけるかと思う。

WinFutureによれば、「Powerbeats4 Wirelessイヤホン」 はAirPods Proなどにも採用されたH1チップが内蔵されており、Apple製品と近づけることで簡単にペアリングが可能で、Hey Siriも利用できるとのこと。

また、Beatsロゴは音楽の再生・停止や曲送りができるほか、ボタンを長押しすることでSiriを呼び出すこともできるという。

バッテリー持ちは最大15時間。現行の 「Powerbeats3 Wirelessイヤホン」 が12時間だったため、バッテリー持ちは最大で3時間延びることになる。ちなみにバッテリーの充電はLightning経由で行うという。

カラーラインナップはブラック、ホワイト、レッドの3色になっている模様。価格については不明だが、おそらく現行モデルからの据え置きとなる199ドル(日本では19,800円/税別)となるのではないだろうか。

「Powerbeats4 Wirelessイヤホン」 については既に先月、FCCの認証を通過したことから発売が近いとみられる。また、同イヤホンの存在は 「iOS 13.3.1」 の内部コードから発見されており、「iOS 13.4」 でも継続して存在しているため、発売は3月あるいは4月頃とも予想できる。ただし、COVID-19(新型コロナウイルス)の影響で発売が延期される可能性もあるため注意が必要だ。

ちなみに9to5Macは、「iOS 13.4」 の中から上記動画を発見している。これはiPhoneとのペアリングの際に出てくる動画とみられるが、「Powerbeats4 Wireless イヤホン」 が回転していることが確認できる。

関連記事
「Powerbeats4 Wirelessイヤフォン」 はHey Siriをサポート FCC認証を通過
「Powerbeats4 Wirelessイヤフォン」 がまもなく発売か。Powerbeats Proにデザインが近くなる模様

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。