アドビ、「Premiere Rush」 をM1 Macにネイティブ対応。「Premiere Pro」 も最適化によりIntel Windowsでのパフォーマンス向上

Adobe (アドビ) は同社のビデオ編集ソフト 「Premiere Pro」 「Premiere Rush」 の4月のアップデート内容を発表。新機能の追加やパフォーマンスの向上などを行なっている。

Premiere RushがApple M1チップに対応

今回のアップデートの大きな目玉は、Premiere RushがAppleのM1チップにネイティブ対応したこと。

これによりM1チップ搭載モデルでの再生や編集のパフォーマンスが向上し、Intelベースのシステムと比較して動画の書き出しが高速になるとしている。

iOS版では新しいタイムラインコンテキストメニューが用意された。同メニューはビデオクリップのタイムラインをタップすると表示でき、クリップの編集や複製、削除ができる。

オーディオ付きのビデオクリップをタップすれば、ビデオからオーディオクリップを分離することも可能だ。

また、iOS版とAndroid版では 「カラー」 「オーディオ」 「トランスフォーム」 のリセット機能を使うことで、すべての調整がリセットされるようになった。

Premiere Pro、Intelプロセッサ搭載Windowsでのパフォーマンスが向上

Premiere Proでは、新しい最適化によりIntelプロセッサを搭載したWindowsでのH.264 / HEVCエンコードのパフォーマンスが向上。

Intel Quick Syncハードウェアアクセラレーションを使用した書き出し時間がさらに改善され、Premiere Pro14.0に比べ最大1.8倍速になる。

また、Lumetriプリセットをブラウジングするときに動的なプレビューが表示されるようになり、サムネイルプレビューの操作性が向上している。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。