Amazon Prime Video、20作品以上の独自番組制作へ 日本からは女性版バチェラー・ジャパン 「バチェロレッテ」 が配信へ

2月14日、Amazonは同社の映像配信サービス 「Amazon Prime Video」 において、20を超える独自映像コンテンツを制作、多数の国・地域で配信することを発表した。

20を越えるAmazonのオリジナル番組が配信予定

Amazonの発表によると、制作される番組は全部で20以上。イギリス、ドイツ、イタリア、スペイン、インド、そして日本やメキシコで制作され、それらのコンテンツは200以上の国や地域で配信される予定だ。

日本からは、恋愛リアリティショー 「バチェラー・ジャパン」 のスピンオフ作品 「バチェロレッテ」 が制作される予定。2003年に米国で生まれた 「The Bachelor」 の日本版 「バチェラー・ジャパン」 は男性が主役だったが、 「バチェロレッテ」 は女性が主役。魅力的な男性の中から結婚相手を選ぶことになるという。

また、VICE MEDIA JAPANとPrime Videoがタッグを組んで制作する社会派エンターテインメント番組(タイトル未定)も制作予定だという。

ちなみに、プライムビデオで人気番組のひとつ、ダウンタウン松本人志氏の 「ドキュメンタル7」 も公開予定だ。早くも7シーズン目に到達したドキュメンタルだが、すでに前シリーズ最終エピソードでシーズン7の制作が発表されていた。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。