Prime Video、実写映画版『沈黙の艦隊』製作。9月29日から全国東宝系で公開

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

1月25日、アマゾンジャパンは映像配信サービス「Prime Video」が実写映画版『沈黙の艦隊』を製作すると発表した。2023年9月29日から全国東宝系にて劇場公開する。

なお、Prime Videoが日本の劇場版映画を制作するのは今回がはじめてとなる。

「沈黙の艦隊」 は、漫画家のかわぐちかいじ氏によって、1988年から1996年まで週刊漫画雑誌 「モーニング」 (講談社) にて連載され、累計発行部数3200万部 (紙・電子) を誇る大人気漫画。

物語は、日本初の原子力潜水艦が、日米共同で極秘裏に建造されたことから始まる。乗員は日本人でありながら米艦隊所属という数奇の宿命を背負った超高性能原潜。艦長・海江田四郎は、この原潜と乗員76人を伴い航海中に逃亡。理想とする世界の実現へ向けて海江田が描いた大胆不敵なシナリオと、海中での天才的な戦闘術に、日米は翻弄され、重大な決断と選択を迫られることとなる。核戦争や国際政治、世界平和など、鋭くも、重く真摯な問題提起がなされ、連載当時には各方面で論争を呼び、国会でも話題になるなど社会現象を起こした。

『沈黙の艦隊』の主人公、艦長・海江田四郎役を演じるのは、大沢たかお氏。大沢氏は同作のファンであることから、防衛省・海上自衛隊との協力体制の構築や、原作者のかわぐち先生へ企画プレゼンを行うなど、自ら本作のプロデュースも務める。

監督は、昨年劇場公開された『ハケンアニメ!』で数々の受賞を果たした今注目の吉野耕平氏。制作は、映画『キングダム』シリーズや『銀魂』シリーズなど、ヒット作を数多く手がけるクレデウス。さらに本作は日本で初めて海上自衛隊・潜水艦部隊の映画撮影協力を得て、実際の潜水艦を使用しており、リアルな艦体と、現代のVFX技術との融合により、迫力の海中アクション・エンターテインメントを制作する。

この度、製作発表を記念してティザー映像も初解禁となった。「地球の70%は海だ。これほど広大な海を前にして、どうして人は争うのだろうか」 という台詞の後に、艦内の様子を鋭い目で見つめる主人公・海江田四郎 (演:大沢たかお氏) が映し出され、緊張感が伝わる映像となっている。ティザー映像内では防衛省・海上自衛隊の潜水艦も映し出されており、リアルな世界観と、迫力ある映像美、本作の規模感の大きさが期待できる。

関連記事
Prime Video、WBC2023の侍ジャパン全試合をライブ配信。2つの強化試合は独占配信
DAZN、Amazonとパートナーシップ締結。年内にPrime Videoチャンネルが提供開始

©かわぐちかいじ/講談社 ©2023 Amazon Content Services LLC OR ITS AFFILIATES. All Rights Reserved.

(画像提供:アマゾンジャパン)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Amazon、Prime Videoおよび関連する全てのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。