Microsoftのクラウドゲームサービス「Project xCloud」、iPhone・iPadでもプレビュー版が利用可能に

現地時間2月12日、Microsoftは同社のクラウドゲームサービス 「Project xCloud」 のプレビュー版をiOS/iPadOS向けに提供開始した。プレビュー版はTestFlightアプリを介して行われ、対象地域に在住するユーザーであれば誰でも利用登録することが可能だ。テスターは10,000人を募集する。

iPhone・iPadでもプレビュー版を利用可能に。日本国内では2020年に提供予定

「Project xCloud」 は、Microsoftが開発するクラウド型ゲームストリーミングサービス。昨年秋からAndroid向けにプレビュー版が提供されていたが、本日から新たにiPhone・iPadでもプレビュー版が利用可能になっている。

同プレビュー版は米国・英国・韓国・カナダで利用可能で、日本では残念ながら提供は始まっていないものの、Microsoftの発表では2020年内には日本国内でも提供が始まる予定となっている。

ちなみにiOS・iPadOS向けのプレビューテストでは、「Halo:The Master Chief Collection」 がプレイ可能であるとのこと。今後提供ソフトは増える見込みで、正式サービス開始後には3,500以上のソフトがラインナップされる見通し。

iOS・iPad向けプレビューは、「iOS 13」 が動作するiPhoneもしくはiPadである必要がある。さらにMicrosoftアカウントとXboxゲーマータグ、そしてXboxのワイヤレスコントローラーが必要だ。利用登録はこちらのリンクから可能だ。

「Project xCloud」は、クラウドサービスを利用してスマホ上でXboxのゲームを遊べるシステム。特定のハードウェア・環境に依存することなく、Xboxファミリーのゲームをプレイすることが可能だ。

ゲームの描画処理はすべてクラウド上で行われ、スマートフォンはあくまでゲーム画面をストリーミング表示するだけなので、PCやXboxのような高い処理能力を必要としない。ゲームをプレイする際はBluetooth経由でゲームコントローラーを接続する、もしくはスマートフォンの画面をタッチすることで操作できる。

「Project xCloud」は4G通信環境下でも利用できることを目標に開発されているが、各国で提供予定の5G環境を見据えた開発も行われているとのことだ。ちなみに、現在のテスト環境では10Mbps/sで快適に動作するようになっているようだ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。