iPhoneやiPadでPS4のリモートプレイが可能に PS4システムアップデート「バージョン6.50」で実現

3月7日、PlayStationがソフトウェアアップデート 「バージョン6.50」 の配信を開始したことを発表。同アップデートで、PS4のリモートプレイがiPhoneやiPadに対応したことを明らかにしている。

「リモートプレイ」 は他デバイスにPS4の画面をミラーリング、これらのデバイスを使ってPS4のゲームをプレイできるようにする遠隔操作機能。これまで、PlayStation VitaやMac、Windows PC、Xperia端末でのみ利用可能だったが、本日配信開始のソフトウェアアップデート 「バージョン6.50」 を適用することで、iPhoneやiPadでリモートプレイできるようになっている。

iPhone・iPadでPS4のリモートプレイが可能に

このリモートプレイを利用するには、「PS4 Remote Play」 アプリをiPhoneまたはiPadにインストールする必要がある。アプリはApp Storeで配信されており価格は無料なので、誰でもダウンロードが可能だ。

「PS4 Remote Play」 アプリはWi-FiでいつでもどこでもPS4にアクセスできる上に、iPhoneやiPadのマイクを使ってボイスチャット、ソフトウェアキーボードを使ってPS4に文字入力ができる。操作はiPhoneやiPadの画面上に表示されるコントローラーで行う形式で、残念ながら純正ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK4)は利用できない。

同機能が利用できるiOSデバイスは、iOS 12.1以降がインストールされたデバイス。iPhoneの場合は 「iPhone 7/7 Plus」 以降。iPadの場合は 「iPad (第6世代)」 もしくはiPad Pro (第2世代) 以降が推奨されている。

また、今回のソフトウェアアップデート 「バージョン6.50」 ではニコニコ生放送のブロードキャストの画質設定に720pが追加された他、PS4の 「決定」 操作に使用するボタンを〇ボタンから×ボタンに変更できるようになっている。一部のアプリケーション・ソフトウェアタイトルに関してはこの設定が反映されない可能性があるものの、Xboxなど主に海外のハードを利用しているユーザーにとっては便利な機能だろう。この設定はPS4の機能画面から[設定]>[システム]>[×ボタンで決定する]のチェックを付けることで利用可能だ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。