新型Apple TV発売、PS4コントローラは使えず / 家庭の赤外線リモコンの使用は可

Apple TV

Appleは昨日、Apple TVとSiri Remoteを発売。
待望の新型がようやく手に入り、新しいApple TVを楽しんでいる人もいることだろう。

今回発売になった新型Apple TVは、App Storeに対応したことで、様々なゲームをダウンロードして遊ぶことができるようになった。

また、ゲームのコントローラーにタッチサーフェスと呼ばれるタッチセンサーが搭載されたことで、より細かい操作が可能になり、ゲームの幅が増えることが期待されている。

PS4コントローラーは使用できず

PS4

Apple TVの気になるコントローラー事情だが、Appleは「Siri Remote」の他に、新しく「SteelSeries Nimbusワイヤレスゲームコントローラ」をApple公式サイトで販売。

従来のコントローラー操作が求められるゲームにはこれが最適だとのことだが、8,400円(税別)と少し値段が高め。できれば今自分が持っているコントローラーで操作したいものだ。

Apple TVはBluetooth 4.1に対応しているため、Bluetooth接続ができるコントローラーならなんでもできるかというと、決してそんなことはない。

PS4のコントローラーもペアリング自体はできるようだが、Apple TVなどの操作は全くすることができなかったとのことだ。

「MFi」に対応しているコントローラーのみ対応

steelseries-nimbus1

Appleは「MFi」という認証プログラムを独自に設定している。そのため、「MFi」に対応した「iPhone向け」「iPad向け」「Apple TV向け」のコントローラーでしか操作することができないのだ。

なのでPS4やPS3のコントローラー「Dual Shock」シリーズをいっぱい持っていたとしてもプレイできない。残念。

Apple公式サイトで販売されているコントローラーは当然対応しているが、その他にも「MFi」に対応しているコントローラーであれば動作すると思われるので、買う前に一度どういうコントローラーを買うべきか検討したほうがいいだろう。

ちなみに、新型「Apple TV」はご家庭の赤外線TVリモコンで操作することができるようだ。ゲームに使うには無理があるが、通常の使用であれば特に問題なく使えるとのこと。
設定は設定アプリの[リモコンとデバイス]>[リモコンを追加]から可能だ。

siri-remote
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう