SIE、PS5コントローラー 「DualSense (デュアルセンス)」 披露。マイクが内蔵、ライトバーの位置が変更に

4月8日、ソニー・インタラクティブエンタテインメントは今年のホリデーシーズンに発売予定の次世代ハード 「PlayStation 5」 (以下、PS5) の新コントローラー 「DualSense (デュアルセンス)」 を正式に発表した。

PS5コントローラー 「DualSense」 が正式発表

PS5のコントローラーはこれまでのDUALSHOCKシリーズの面影を残しつつ、デザインの大幅変更が行われている。それに伴って 「DualSense (デュアルセンス)」 という新しい名称を採用するようになった。

「DualSense」 には新たな機能が複数用意されている。まずは以前から発表されていたハプティックフィードバックの搭載。表現力の高い振動によってゲームプレイ中のさまざまな強力な感覚を表現できるように。例えば車が泥道を走るときの重いずっしりとした感触などを伝えることが可能になっている。

さらにL2ボタンとR2ボタンにはアダプティブトリガーが搭載されており、弓矢を引き絞るときのような緊張感のある動作を実感できるようになったとのこと。手にしっくりと収まり小さく感じられるようにトリガーの角度を変え、グリップも細かく調整できるようになったという。

さらにDUALSHOCK 4に用意されていたSHAREボタンの代わりに、新たに”Create”ボタンが搭載されるように。”Create”ボタンでは、ユーザー自身のゲームプレイを元にコンテンツを作成し、全世界に向けて共有したり、あるいは仲間内で楽しむための新しい手段を開拓しているようだ。SIEは、この機能のさらなる詳細について後日お知らせするとしている。

「DualSense」 にはマイクが内蔵されており、ヘッドセットがなくても手軽にフレンドとの通話が可能だ。ただし長時間会話したい人のためにヘッドセットは引き続き利用することができるという。ちなみに 「DualSense」 は稼働時間も伸びていて重量も減っているとのことだが、これらが具体的にどれほど向上しているのかは不明。

「DUALSHOCK 4」 のライトバーはコントローラー上部に配置されていたが、「DualSense」 はタッチパッドの両脇に搭載されるとのこと。カラーラインナップは2色。今回はホワイトモデル(?)のみが発表されているが、これとは別のカラーモデルが用意されるようだ。

関連記事
PS5、2020年末商戦に発売。ソニーが正式発表 8K解像度、PS4との互換性あり。コントローラーも大幅進化
PS5の公式サイトがオープン 最新情報を配信するニュースレターサービスが提供開始

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。