『グランツーリスモ7』2022年に発売延期へ。新型コロナ影響による開発遅れ

今年発売予定とされていたリアルドライビングシミュレーター『グランツーリスモ7』の発売が、2022年に延期されることがわかった。

英メディアGQは、ソニー・インタラクティブエンタテインメントの社長兼CEOジム・ライアン氏に単独インタビューを実施しており、インタビューの中でSIE広報から、”GT7はCovid関連の影響によって制作上の課題が発生しており、発売が2021年から2022年にシフトする予定” と伝えられたという。

『グランツーリスモ7』2022年に発売延期へ

SIE広報によれば、『グランツーリスモ7』は新型コロナウイルスのパンデミックの中、ゲーム制作におけるいくつかの問題が発生しており、過去数ヶ月にわたって開発スピードが減速しているとのことだ。正式なリリース日が決定次第、詳細を伝えるとSIE広報はGQに対して伝えたという。

『グランツーリスモ7』は2020年に発表されたリアルドライビングシミュレーター『グランツーリスモ』シリーズの最新作。レース、コレクション、チューニング、リバリーデザイン、フォトモードなど「グランツーリスモ」の楽しみが全てつまった作品と発表されている。

本作はPS5向けに2021年前半に発売する予定と伝えられて以来音沙汰がなかったが、開発に大幅な遅れが生じていたようだ。ちなみに、ソニーの『グランツーリスモ7』の紹介ページでは、「発売日未定」 と記載されており、まだ具体的な発売時期は発表できずにいる様子が伺える。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。