PS5、システムソフトウェアベータプログラム本日より提供開始。M.2 SSD拡張をサポート

7月29日、ソニー・インタラクティブエンタテインメントはPS5のシステムソフトウェアベータプログラムを始動した。

最初のベータテストでは、M.2 SSDの追加によるストレージ拡張をサポートするアップデートが含まれている。同ベータテストは、応募者の中から抽選に当選したユーザーに対して提供されている。

PS5、システムソフトウェアベータプログラムが7月29日からスタート

今日からはじまったベータテストは、いくつかのUXの強化のほか、待望のM.2SSDスロットへのアクセスが含まれており、ユーザーは自身の手でストレージを拡張することが可能になった。

拡張できるストレージは、PS5の内蔵ストレージと同等の性能を必要とすることから、対応した製品のみを利用することが可能。具体的にはPCIe Gen4x4 M.2 NVMe SSDで、5,500MB/s以上の読み取り速度を持っている M.2 SSDであること、最大容量は4TBまで、など。

詳細なシステム要件は以下のとおり (現在はベータテスト段階であり、最終的な仕様は正式版システムソフトウェアのリリース前に変更される可能性があるとのこと)。

インターフェース: PCIe Gen4x4 M.2 NVMe SSD

容量:250GB~4TB

放熱構造: PS5でM.2 SSDを使用する場合、ヒートシンクなどの放熱構造が必要です。片面あるいは両面のヒートシンクをご自身でM.2 SSDに取り付けていただくか、あらかじめ放熱構造(ヒートシンクなど)が組み込まれたM.2 SSDをご利用ください。

シーケンシャル読み込み速度:5,500MB/秒以上を推奨

モジュールの幅:22mm幅(25mm幅は非対応)

対応サイズ:M.2 type 2230、2242、2260、2280、22110
これらの番号はM.2 SSDデバイスの製品情報に記載されています。最初の2桁は幅を表し、残りの桁は長さを表します。

ソケットタイプ:Socket 3 (Key M)

放熱構造(ヒートシンクなど)を含むサイズ:
ミリメートル単位:110mm (L) x 25mm (W) x 11.25mm (H)未満

さらに詳細なシステム要件や取り付け手順については、こちらの記事からご確認いただきたい。

なお、今回のベータテストではUXの強化や内蔵TVスピーカーの3Dオーディオサポートも追加されているようだ。

同ベータテストは、日本や米国、カナダ、イギリス、ドイツ、フランスの 「PS5システムソフトウェアベータプログラム」 参加者向けに提供されている。同機能をいち早く試してみたい方は、同プログラムに応募してみてはどうだろうか。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。