PS5、PS4後方互換はパッケージ版・ダウンロード版ともにサポート。PS5対応のPS4ディスク挿入でそのままプレイ可能

ソニーの次期ハード 「PlayStation 5 (以下、PS5)」 は、PS4の後方互換に対応している。これはPS4のタイトルをPS5でも遊べることを意味するが、これまで後方互換の仕組みについて詳細が明かされてこなかったことから、ユーザーの間には不安が広がっていた。

この ”後方互換” について、9月23日にソニー・インタラクティブエンタテインメントのプレイステーション カスタマーサポートの公式Twitterアカウントが公式見解を発表。PS5のPS4後方互換性は、パッケージ(ディスク)版・デジタル版ともにサポートすることが明らかにされた。

PS5は、互換動作に対応したPS4タイトルをディスク・デジタルの両方でサポート

同アカウントのツイートによれば、PS5はPS4の後方互換に対応したゲームであれば、ディスク版・デジタル版ともに、PS5でそのままプレイすることが可能であるとのこと。

ただし注意していただきたいのは、ディスク版をプレイするにはもちろん光学ディスクドライブが必要になるということ。つまり、PS4のディスクを挿入して遊ぶにはディスクドライブを搭載したPS5を購入する必要があるということになる。

ソニー・インタラクティブエンタテインメントのプレイステーションカスタマーサポート公式Twitterアカウントが言う、”PS5の互換動作に対応したPS4のゲーム” とはおおよそすべてのタイトルを指すはずだ。SIE代表取締役社長ジム・ライアン氏はPS5はPS4タイトルについて99%の後方互換性を持つと発言していたからだ。

ただし裏を返せば残る1%のタイトルはPS5で遊べない可能性があるということになる。どのタイトルがそれに該当するのかは現時点では明かされていない。

ちなみに、ソニーによればPS5はPS4タイトルをサポートするだけでなく、対応する後方互換タイトルはより高速でスムーズなフレームレートで遊べるとしている。また、PS VR向けタイトルのサポートも宣言しており、すでに所有しているPlayStation Cameraに加えて、PlayStation Cameraアダプタ(無償提供予定)を使用することでPS5上でPS VRタイトルを遊ぶことが可能だという。

関連記事
【店舗まとめ】『PlayStation 5』予約は9月18日から順次開始。取扱店舗まとめ(随時更新)
「PlayStation 5」 11月12日に発売。価格は通常版49,980円、デジタルエディション39,980円

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。