PS5の大型システムソフトウェアアップデート第2弾が配信開始。M.2 SSDによるストレージ拡張など多数の新機能が追加

9月15日、ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、PlayStation 5の大型システムソフトウェアアップデートの第2弾を全世界で配信開始した。

PS5の大型アプデ第2弾が配信開始

今回のアップデートにより、M.2 SSDによるストレージ拡張やテレビ内蔵スピーカーでの3Dオーディオ対応など、多数の新機能がPS5に追加された。また、「PS Remote Play」 アプリや 「PS App」 のアップデートの詳細も案内されている。

アップデート内容は以下のとおり。

  • PS5のUX向上
  • コントロールセンターのより柔軟なカスタマイズ
  • [ゲームベース] からテキストチャットやメッセージ送信、フレンドの状態が確認可能に。
  • フレンドリクエストで複数ユーザーをまとめて許可・拒否・キャンセル可能に
  • 同じゲームのPS5バージョンとPS4バージョンを両方インストールしている場合、ホーム画面やライブラリの [インストール済] タブで別々に表示されるように
  • 音声読み上げ有効時、PSボタン+△ボタンで音声の一時停止/再開、PSボタン+R1ボタンで再読み上げが可能に
  • PS Nowでストリーミングの最大解像度を720pもしくは1080pから選択可能に
  • オンライン対戦後の拍手の種類に 「リーダー」 が追加
  • PS5ゲームでチャレンジをプレイし、自己ベストを記録した時に自動でビデオクリップに保存可能に
  • コントロールセンターにトロフィートラッカーが追加、ひとつのゲームにつき最大5個のトロフィーがトラック可能に
  • テレビ内蔵スピーカーでの3Dオーディオに対応
  • 「PULSE 3D ワイヤレスヘッドセット」 利用時にオーディオEQが設定可能に
  • PS5/PS4のゲームをM.2 SSDストレージから直接プレイしたり、ストレージ間でゲームを自由に移動可能に
  • 「PS Remote Play」 アプリがモバイル通信に対応
  • フレンドのシェアスクリーン画面をPS Appから視聴可能に(9月24日以降)

上記の新機能に加えて、PS4でPS5のトロフィーを確認できるようになったほか、PS4/PS5の両方で、グループのオーナーがメンバーを個別に削除することなくグループが削除できるようになった。

システムアップデートは本日15日から配信が開始されている。多数の新機能の追加で、PS5がより便利に使えるようになるはずだ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。