PS5に初の大型アプデ。ゲームデータを外部ストレージに保存可能に。PS4との世代間シェアプレイやアップデートの事前ダウンロードにも対応

4月13日、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、PlayStation 5(以下、PS5)の最新ソフトウェアアップデートを4月14日(水)に配信することを発表した。

このアップデートを適用することで、PS5は複数の新機能が実装されるだけでなく、操作性やパーソナライズオプションが強化される。

PS5の最新ソフトウェアアップデートが4月14日に配信

今回のアップデートの最大の特徴は、PS5のタイトルをUSB拡張ストレージに保存できるようになること。

PS5は本体内蔵の超高速SSDの性能を引き出すため、必ず本体ストレージにゲームデータを保存しておく必要があるが、一時的にプレイしないタイトルについてはUSB拡張ストレージに保存しておくことで本体ストレージ容量を節約することが可能。

また、USB拡張ストレージに保存したタイトルも自動的にアップデートが適用されるとのこと。プレイしたくなったら、いつでもUSB拡張ストレージから本体ストレージに移すことですぐにプレイし始めることが可能だ。

ちなみに、一部のタイトルではインストールしたいゲームモード(キャンペーンやマルチプレイなど)を部分的に選択してインストールすることができるとのこと。

PS5のUSB拡張ストレージについては、こちらから確認可能。また、PS5は将来的にM.2 SSDへの対応も予定している。

他のアップデートは以下のとおり。ソフトウェアアップデートは4月14日(水)より配信開始だ。

PS5のストレージ拡張と管理

  • PS5のタイトルをUSB拡張ストレージに保存可能に。移行したゲームを再度プレイしたい場合はもう一度本体ストレージにデータをコピーすることで再ダウンロードやディスクからインストールするよりも素早くインストールできる

PS4とPS5の新しいソーシャル機能

  • PS4とPS5のユーザー同士で、チャットをしながら一緒にシェアプレイが可能に。
  • PS5とPS4において、フレンドがプレイしているゲームで参加可能なゲームセッションが表示され、「参加をリクエスト」 できる。

PS5における操作性やパーソナライズオプションの強化

  • ゲームベースが改善され、より重要なコンテンツや機能に素早くアクセスできる。パーティーやフレンド画面のタブが素早く切り替えられるようになったり、最近やりとりしたパーティーや、オンラインのフレンドをすぐに確認できる。また、参加しているそれぞれのパーティーについて、通知のオン/オフを設定できる。
  • インゲームのチャットを素早く無効化し、自分のマイクや他のプレイヤーのオーディオをオフにできる。同じチャットに参加している他のプレイヤーのチャットの音量も調整可能に。
  • 設定で 「自動アップデート」 を有効にしている場合、デベロッパーがゲームアップデートファイルの事前ダウンロードを有効にしたときに、リリース前のゲームのアップデートファイルがレストモード中もしくはPS5を起動したときに自動で本体にダウンロードされるように。
  • ゲームライブラリーで指定したゲームを非表示にできる。
  • 設定画面から、お好みに合わせて画面を拡大表示できる。
  • どのグレードのトロフィーを獲得したときに、スクリーンショットやビデオクリップを保存するかを選べるように。また、トロフィー獲得状況のサマリーが確認できるようになる。

PlayStation Appの新機能

最近導入された機能

  • ウィッシュリストに商品を保存できる機能
  • フレンドがオンラインになったときに通知を受け取る機能
  • コンソールのオンラインステータスをアプリ上で変更する機能

この先の数週間の間にリリース予定の機能

  • PS5のマルチプレイセッションにアプリから参加する機能
  • PS5の本体ストレージの管理
  • トロフィーの獲得状況をフレンドと比較する機能
  • PlayStation Storeに表示される商品のソートやフィルター機能
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。