PlayStation VR2、ヘッドセット本体とコントローラーの最終デザインが公開。ピント調整用ダイヤルが搭載

2月22日、ソニー・インタラクティブエンタテインメントは次世代VRシステム 「PlayStation VR2」 および 「PlayStation VR2 Senseコントローラー」 の最終デザインイメージを発表した。

「PlayStation VR2」 は、「PlayStation VR2 Senseコントローラー」 のデザインにマッチするよう、オーブ型のデザインを採用しているのが特徴。その丸みを帯びた形は、プレイヤーがバーチャルリアリティの世界に入ったときに感じられる360度の視界を表現したという。

また、このデザインは、PS5商品群のプロダクトデザインにもインスピレーションを受けているとのこと。PS5をデザインしたときから既に次世代VRシステムのヘッドセットデザインも念頭に置きながらデザインに取り組んできたため、ビジュアルから感触までPS5と共通した特徴を感じることができる。

PS5の本体は平面に設置することを想定したフラットなデザインを採用している一方で、PS VR2のヘッドセットは、常に手に取って触れることを想定し、「DualSenseワイヤレスコントローラー」 や 「PULSE 3Dワイヤレスヘッドセット」 とも一貫性を感じられるような丸みを帯びたデザインになっている。

初代PlayStation VRのヘッドセットの重量バランスや一本のバンドだけで頭部に固定する構造は、PS VR2でも踏襲。また、従来プレイヤーも違和感なく使えるよう、ヘッドセットのスコープ部分と顔の距離を調整するためのスコープ調整ボタンやステレオヘッドホン端子の位置も共通して配置している。

両目のレンズ間距離をプレイヤーの目の間隔に合わせることができるレンズ調整ダイヤルを新たに搭載。また、ヘッドセットの振動用モーターなど、独自の新機能を追加しながらも、若干の軽量化も実現している。

「PlayStation VR2」の最終デザインの発表にあわせて、SIE デザインセンター シニアアートディレクター 森澤有人氏は以下のコメントを発している。

SIE デザインセンター シニアアートディレクター 森澤有人氏
「PlayStation VR2のデザインに取り組み始めた頃、まず注力したのはPS5で実現したような、換気効率の高い設計でした。VRタイトルに没入しているときにレンズが曇ってしまわないように、通風孔を設けるというエンジニアのアイディアから始まり、最終的なデザインでは、スコープの上面と前面の隙間に小さな空間を設けることで、効果的な換気を実現しています。今回のデザインに至るまでの間、数々のユーザーテストを重ね、多くのデザイン、プロトタイプを製作してきました。デザインの仕上がりには非常に満足しており、PlayStationファンの皆さまも同じように感じていただけることを願っています。皆さまに手に取っていただくのが待ち切れません。」

PS VR2の開発キットは既にゲーム開発者の元に届いているとのこと。同VRシステムで発売予定のタイトルは今後発表予定。続報に期待だ。

PS VR2の仕様詳細については以下の記事をご覧いただきたい。

関連リンク:PlayStation VR2 | PS5で実現する次世代のVRゲームがここに | PlayStation (日本)

「PlayStation」、「プレイステーション」、「PS5」、「PlayStation VR2 Sense」、「DualSense」、「PULSE 3D」は、株式会社ソニー・インタラク ティブエンタテインメントの商標または登録商標です。
(画像提供:ソニー・インタラクティブエンタテインメント)

©Sony Interactive Entertainment Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。