PS VR2、2023年初頭に発売へ。パワーアップした次世代VRヘッドセットがPS5にやってくる

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

8月23日、ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、PlayStation VR2 (以下、PS VR2) を2023年初頭に発売すると、同社公式Twitterアカウントを通じて発表した。

PS VR2は、PlayStation 5向け次世代VRデバイス。ヘッドセットとコントローラーで構成され、PS5とPS VR2は1本のUSB-Cケーブルで接続し使用する。ヘッドセットは4K・HDR表示に対応し、視野角は110度。画面は有機ELディスプレイで、解像度は片目あたり2,000×2,040。リフレッシュレートは90Hzもしくは120Hz。

さらに、中心視野は高解像度で、視野外は低解像度で描画するレンダリング手法 「フォービエイテッド・レンダリング (Foveated Rendering) 」 が使用され、グラフィック処理にかかる負荷を軽減することが可能だ。

ヘッドセットには、6軸モーションセンサー (3軸ジャイロスコープ、3軸加速度計) が内蔵される。内蔵カメラは4台で、外部カメラを使用せずにユーザーとコントローラーの位置や動きを認識可能。また、視線追跡 (アイトラッキング) 用センサーが搭載されており、ユーザーの目の動きをVRアバターでも再現可能。

そのほか、マイクが内蔵されるほか、音声出力用にステレオヘッドフォンジャックが搭載され、3Dオーディオもサポート。また、ヘッドセット自体にも振動機能が搭載され、よりリアルなVR体験が可能であるとのことだ。

コントローラーにはアダプティブトリガー、ハプティックフィードバック、フィンガータッチ機能などいくつかの特徴的機能が搭載される。

次世代VRシステムコントローラーの特徴

  • 握った際に自然と手にフィットするオーブ型デザイン
  • 押し込むと抵抗を感じられる 「アダプティブトリガーボタン」 が左右それぞれに搭載
  • コントローラーの形状に最適化した 「ハプティックフィードバック」 を搭載
  • 押さずとも触れるだけで指を認識する 「フィンガータッチ機能」 を親指・人差し指・中指が置かれる3ヵ所に搭載
  • オーブ表面に点在するトラッキング機構により、VRヘッドセットがVRコントローラーをトラッキング
  • 左コントローラー搭載ボタン:アナログスティック・△ボタン・□ボタン・グリップボタン(L1)・トリガーボタン(L2)・クリエイトボタン
  • 右コントローラー搭載ボタン:アナログスティック・×ボタン・〇ボタン・グリップボタン(R1)・トリガーボタン(R2)・オプションボタン

アダプティブトリガーは、左右のVRコントローラーに搭載されているとのこと。DualSense ワイヤレスコントローラーと同様に、押し込んだ際に抵抗を感じられるようになっている。ゲーム内で弓を射る際にその弦の引き絞りを指先で感じることができたりする。

さらにハプティックフィードバックによってよりリアルな感触を得ることが可能。たとえば岩石がごろごろと横たわる砂漠を横断している感覚や、近接攻撃で拳を交わし合う感覚など、感触の違いがはっきりと感じられるという。

押さずとも触れるだけで指を認識する機能を親指、人差し指、中指が置かれる3ヵ所に配置されるフィンガータッチ機能が搭載。ゲームプレイ中も自然なジェスチャーによる操作が可能になるとのこと。

左のコントローラーには、アナログスティック・△ボタン・□ボタン・グリップボタン(L1)・トリガーボタン(L2)・クリエイトボタン、右のコントローラーにはアナログスティック・×ボタン・〇ボタン・グリップボタン(R1)・トリガーボタン(R2)・オプションボタンが搭載される。グリップボタンはゲーム内のオブジェクトをつかむ際などに使用する。

オーブ表面にトラッキング機構が点在しており、VRヘッドセットがVRコントローラーをトラッキングできるとのこと。詳細は明らかになっていないが、インサイドアウト方式によるトラッキングとなりそうだ。

そのほか、PS VR2には「シースルービュー」 や 「プレイエリアのカスタマイズ」 などの機能が用意されている。

新機能 「シースルービュー」 は、ヘッドセットを装着した状態で自分の周囲の環境を見ることができる機能。同機能を利用すれば、ヘッドセットを装着した状態でもPlayStation VR2 Senseコントローラーを探すことが可能だ。

ヘッドセットに内蔵されたカメラで撮影した映像をヘッドセット内部に表示することで実現する。ファンクションボタンの押し込みや、PS5のコントロールセンターに新設されるPS VR2のメニューから、周囲の映像とPS VR2のプレイ画面の切替えが可能だ。

なお、この 「シースルービュー」はあくまで視認用の機能となっており、映像の録画はできないとのこと。

ヘッドセットに内蔵されたカメラと、PS VR2 Senseコントローラーを使って、PS VR2のプレイエリアをカスタマイズできる。

カスタマイズはまずカメラで部屋をスキャンし、エリアを仮決め。あとはPS VR2 Senseコントローラーを使ってプレイエリアの拡大/調整できるという。ゲームプレイ中に、プレイエリアの境界線に近づくと、画面にプレイエリアの境界線が表示され、プレイヤーに注意を促す。

PS VR2接続中は、いつでもプレイエリアの範囲を変更できる。また、一度設定したプレイエリアは保存されるため、おなじ場所で遊ぶ場合は設定しなおす必要がないとのこと。

(画像提供:ソニー・インタラクティブエンタテインメント)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

©Sony Interactive Entertainment Inc. All Rights Reserved.

(当サイトで使用している画像はいずれも各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。