SIE、PS VR2の新機能を紹介。「シースルービュー」 や 「プレイエリアのカスタマイズ」 など

7月26日、ソニー・インタラクティブエンタテインメントは今後発売を予定しているVRヘッドセット 「PlayStation VR2 (以下、PS VR2)」 の新機能をPlayStation.Blogにて公開した。

公開された新機能は、「シースルービュー」 や 「プレイエリアのカスタマイズ」 など。さらに、VRモードとシネマティックモードの切り替えに関する情報も提供されている。

シースルービュー

新機能 「シースルービュー」 は、ヘッドセットを装着した状態で自分の周囲の環境を見ることができる機能。同機能を利用すれば、ヘッドセットを装着した状態でもPlayStation VR2 Senseコントローラーを探すことが可能だ。

ヘッドセットに内蔵されたカメラで撮影した映像をヘッドセット内部に表示することで実現する。ファンクションボタンの押し込みや、PS5のコントロールセンターに新設されるPS VR2のメニューから、周囲の映像とPS VR2のプレイ画面の切替えが可能だ。

なお、この 「シースルービュー」はあくまで視認用の機能となっており、映像の録画はできないとのこと。

自分のプレイ中の姿を配信する機能

別売りのPS5用HDカメラをPS5本体に接続することで、PS VR2のヘッドセットを装着した自分の姿を録画・配信することができる。PS VR2対応タイトルの配信に役立ちそうだ。

プレイエリアのカスタマイズ

ヘッドセットに内蔵されたカメラと、PS VR2 Senseコントローラーを使って、PS VR2のプレイエリアをカスタマイズできる。

カスタマイズはまずカメラで部屋をスキャンし、エリアを仮決め。あとはPS VR2 Senseコントローラーを使ってプレイエリアの拡大/調整できるという。ゲームプレイ中に、プレイエリアの境界線に近づくと、画面にプレイエリアの境界線が表示され、プレイヤーに注意を促す。

PS VR2接続中は、いつでもプレイエリアの範囲を変更できる。また、一度設定したプレイエリアは保存されるため、おなじ場所で遊ぶ場合は設定しなおす必要がないとのこと。

VRモードとシネマティックモード

PS VR2には 「VRモード」 「シネマティックモード」 の2種類が用意される。VRモードは、VRゲームコンテンツを360度ビューで楽しめるモード。4000 x 2040 HDRビデオフォーマット(片目あたり2000×2040の解像度)、90/120Hzのフレームレートでコンテンツを表示できる。

一方のシネマティックモードは、仮想空間上の巨大な画面でPS5のシステム設定やUI、そしてVR対応をしていない通常のゲームおよびメディアコンテンツを表示できる機能。シネマティックモードでは1920 x 1080 HDR、24/60Hzまたは120Hzでコンテンツを表示できる。

PS VR2の発売時期は未定。今後、発売日や対応ゲームに関する情報を発信していくとSIEは予告している。なお、今回発表されたPS VR2の新機能については、ゲーム開発者に対して近日配信予定の最新システムソフトウェアによって提供するとのこと。

(画像:ソニー・インタラクティブエンタテインメント)

©Sony Interactive Entertainment Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。