Qualcomm、”Nintendo Switch似”の新型コンソールを2022年Q1に発売か。5Gに対応か

Qualcommがゲームコンソール市場に参入する可能性があることが判明した。Android 12で動作するNintendo Switchに似たゲーム機を開発していると、現地時間3月23日、Android Policeが独占で報じた。

Nintendo SwitchライクなゲームコンソールがQualcommから登場か

Android Policeによると、Qualcommが開発しているゲームコンソールは、取り外し可能な “Joy-Con” スタイルのコントローラーがコンソール左右に搭載され、中央に画面が搭載された、まさにNintendo Switchスタイルなもの。正確な画面サイズは不明ながら、一部では6.65インチであるという情報があることが記事には付け加えられている。

Android 12で動作し、Google Playでゲームやアプリをダウンロードする形式になるという。スマホ向けアプリをプレイするのに最適なコンソールとして打ち出される可能性がありそうだ。

内蔵プロセッサはQualcommのSnapdragonシリーズ。スマートフォン向けよりも高速かつ効率的に処理できるものが搭載される予定だ。

Qualcommが開発するゲーム機は、Nintendo Switchと同様にポータブル用の内蔵画面とテレビ、どちらにも映像出力ができるよう設計されている。外部への映像出力はミニHDMIのような専用ポートを使用するのか、それともUSB-Cポートが充電と映像出力を兼ねるのかはまだわかっていない。

充電はQualcommの急速充電規格 「Quick Charge」 テクノロジーによって、高速な充電が可能だという。内蔵バッテリーは6,000mAh。電力消費の大きな5Gにも対応するため、バッテリー容量にはいくぶんか余裕をもたせる必要があるだろう。

また本コンソールにはSDカードスロットが搭載され、ストレージの拡張に対応する。そのほかBluetoothやGPS、加速度センサー、デュアルゾーンハプティックス(振動機能)が搭載されるとのことだ。

発売時期は2022年第1四半期(1月~3月)を目標としている。価格は300ドルとみられているものの、この価格で5Gへの対応やコントローラーが含まれているかは現時点では不明。もしかするとWi-Fi専用モデルなど複数のラインナップが用意される可能性はありそうだ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。