Quest 2版『バイオハザード4』の無料アップデート『ザ・マーセナリーズ (The Mercenaries)』が配信開始

現地時間4月20日、Metaは第2回となる 「Meta Quest Gaming Showcase 2022」 を開催。同イベントの終了と同時に『バイオハザード4』の無料アップデート『ザ・マーセナリーズ (The Mercenaries)』を配信すると発表した。

『ザ・マーセナリーズ』は、時間切れでヘリコプターが到着するまでに、できるだけ多くの敵を倒すことを目的としたモード。それぞれのマップに、脱出までの時間延長アイテムなどがさまざまな場所に隠されており、ステージが進むほど手強くなっていくので、高得点はおろか生き残る事も難しいとのことで、やりごたえは十分そうだ。

そのほか、プレイヤーはオンラインランキング入りを目指したり、20種類の新しいチャレンジに挑戦する新要素も用意されているとのこと。「チャレンジモード」 では、ナイフのみで高得点を目指すモード や、視界が悪い霧モード、さらに時間制限が設けられた特殊モード、ポイントゲットする毎に過酷な展開やクリア条件などが用意され、より迫力あるプレイが楽しめる。

チャレンジを達成することで 「ビッグヘッドモード」 やモノクロの 「クラシックホラーモード」、武器のスキンとしてカスタムメイドされた 「黄金銃」 といった、Meta Quest 2版ならではのさまざまな要素をアンロックすることができる。なお、これらアンロックした要素はいずれもチャレンジモードだけでなくゲーム本編でも使用することができるとのことだ。

Oculus Quest 2版『バイオハザード4』は、2005年にニンテンドーゲームキューブやPS2などで発売した『バイオハザード4』をVR作品として再構築したタイトルで、2021年10月21日にリリースされている。価格は3,990円(税込)。

(画像提供:Meta)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。