「QuickTime for Windows」のサポートが終了したことが明らかに Windowsユーザーはアンインストール推奨

quicktimeforjapan

本日、Appleは「QuickTime for Windows」のサポートを終了したことが明らかになった。

Trend Microのレポートによると、「QuickTime for Windows」には2つの重大な脆弱性が発見されており、それを基に米国国土安全保障省(DHS)配下のUS-CERT(情報セキュリティ対策組織)はレポートを公開

Appleは、これに対し同アプリケーションに脆弱性が発見されても修正する予定はなく、実質サポートが終了していることが判明した。

サポートの終了は正式にアナウンスされていないが、重大な脆弱性が発見されている以上、Windowsユーザーは同アプリケーションをアンインストールする必要がある。Appleも同様の措置を取ることをユーザーに対して推奨しているようだ。

今回の件はWindows版「QuickTime」に関してだけなので、Mac版「QuickTime」を使っている人は今後もサポートされるので安心してほしい。アンインストールの仕方に関しては、Appleが公式ドキュメントを公開しているので、こちらを参考にどうぞ!

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。