映画『スター・ウォーズ』のR2-D2がたまごっちに。「R2-D2 TAMAGOTCHI」 11月13日に発売

8月3日、バンダイ ネットワークトイ企画部は、「たまごっち」 シリーズから新コラボモデル 「R2-D2 TAMAGOTCHI」 を発売すると発表した。

R2-D2をお世話できる 「R2-D2 TAMAGOTCHI」 2021年11月13日発売

「R2-D2 TAMAGOTCHI」 は、映画『スター・ウォーズ』に登場する人気ドロイド 「R2-D2」 をお世話できるたまごっち。エネルギーはチャージ、ご機嫌にするにはクリーニング等、R2-D2ならではのお世話を楽しむことができる。

たまごっちといえば育成だが、もちろん本製品にもその要素は用意されていて、育成方法によって様々なスキルを持ったR2-D2にスキルアップさせることができる。スキルアップしたR2-D2は全19種類。通常のスキルモードに加えて、パイロットモードやスペシャルスキルモードも存在する。

映画の世界観を楽しめるミニゲームも全9種類収録。どのR2-D2でも楽しめる2種類のミニゲームに加えて、成長分岐のスキルアップ先に応じて7種類のミニゲームが用意されている。映画の名場面をモチーフにしたミニゲームや人気キャラクターと一緒に遊べるミニゲームもある。

R2-D2を育成している間、一定時間ごとにR2-D2以外のキャラクターたちが登場。R2-D2の親友ドロイドのC-3POをはじめボバ・フェットやヨーダなど、登場キャラクターは全14種類いるとのことだ。

「R2-D2 TAMAGOTCHI」 には、R2-D2のボディをイメージした 「R2-D2 TAMAGOTCHI Classic color ver.」 と、クリアなブルーが特徴的なホログラム調デザインの 「R2-D2 TAMAGOTCHI Holographic ver.」 の2種類がラインナップ。ぜひお好きな方を選んでいただきたい。

なお、本体からはR2-D2の声をイメージした音が鳴り、まるでR2-D2が呼びかけてくれるような体験ができるとのことだ。

「R2-D2 TAMAGOTCHI」 の価格は2,530円(税込)。発売日は2021年11月13日(土)、全国の玩具店、百貨店・量販店・家電量販店の玩具売場などでの販売を予定している。

(C)BANDAI (C)&(TM) Lucasfilm Ltd.

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。