楽天モバイル、DMM mobileとDMM光の買収を正式発表 楽天エコシステムのメンバーシップ強化

7月9日、楽天モバイルは合同会社DMM.comの運営するMVNO事業 「DMM mobile」 、そしてインターネットサービス事業 「DMM光」 を買収することを正式発表した。

2019年7月4日に開催された取締役会において、2019年9月1日を効力発生日(予定)として、会社分割によって各事業を継承することを決定した。買収の対価として楽天モバイルはDMMに対して23億円を支払う。

楽天モバイル、DMM mobileとDMM光の買収を正式発表

楽天がDMMを買収する目的は既報の通り、顧客基盤の拡大のため。楽天は今年10月から携帯キャリア事業を開始する予定で、それまでに一定の顧客を確保しておきたい考えだ。

新たにDMM mobile・DMM光が今年9月1日から楽天エコシステムの中にはいるが、これらのブランドは買収・継承後も継続される予定だ。DMM mobileの契約者は24万人、DMM光の契約回線数は2万。

ちなみに事業継承後は、ポイントシステムの移行を予定しているとのこと。また、楽天エコシステムを活用した事業シナジーの最大化を目指すとしている。

楽天は、2014年10月から 「楽天モバイル」 のサービスを提供開始したが、それ以降国内MVNO契約数を順調に伸ばし、業界シェア1位を獲得した。売上高はサービス開始から約6倍に拡大し、楽天モバイルショップの店舗数も全国で500店舗を突破した。

関連記事
楽天、DMMモバイルを買収へ 今秋のキャリア事業に向けた顧客基盤の拡大を目指す
楽天、携帯電話サービス提供を2019年に開始へ

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。